MENU

【建築業界人なら一度は行きたい】けんちくとカフェKanna

世の中にはたくさんのカフェがあります。
カフェの建設に関わったことのある現場監督も多いかも知れません。
しかし建築をコンセプトにしたカフェや、建築に関するカフェはほとんど知られていないのではないでしょうか?
本記事では建築業界と密接に関わった珍しいカフェ、『けんちくとカフェKanna』をご紹介します。
建築とカフェ、この異色のつながりを実現したものは何だったのでしょう?

設計事務所に併設されたカフェ

『けんちくとカフェKanna』は、北海道は札幌市、北区北28条西11丁目1-1にあるカフェです。
決して大規模なカフェではありませんが、居心地の良い空間でコーヒーや紅茶、手作りのお菓子等が楽しめる、非常に品の良いお店です。
しかし最大の特徴は「設計事務所に併設されているカフェ」であることです。
ガラス一枚隔てれば設計事務所の打ち合わせスペースという、変わったカフェなのです。
「設計事務所が片手間に経営しているカフェなの?」と勘違いする人がいるかもしれませんが、ドリンクやフードのレベルは高く、本格的なカフェであることを物語っています。
ただし、壁や棚には建築関係の雑誌や書籍が並べられており、普通のカフェとは一風変わったところがあることを主張しています。

設計事務所ならではのセンスの良さが光る

カフェの外観や内装に関しては、設計事務所が関わっているため、妥協を許さない一流のものです。
設計事務所に併設されているカフェである以上、カフェの雰囲気で設計事務所のセンスが来店者全員に伝わってしまいます。
自分たちの仕事とセンスに自信がなければ、なかなか併設カフェの開業に踏み切ることはできないでしょう。
カフェを併設していること自体に、設計事務所の自信と覚悟が垣間見えます。
ちなみに店名にある「Kanna(カンナ)」とは、北海道の昔の言葉で「上の方」を意味するそうです。
その名の通り、上質な空間と時間を楽しめるのが『けんちくとカフェKanna』の特長です。

近くに行ったらぜひ訪れたい『けんちくとカフェKanna』

建築業界において極めて珍しい、建築事務所に併設されたカフェをご紹介しました。
建築や建設に関するイメージは人それぞれで、ある種の泥臭さを想像する人もいるかもしれませんが、カフェKannaはそういったイメージを吹き飛ばすような洗練された空間を提供しています。
札幌にあるので北海道外の人はなかなか行きづらいかもしれませんが、機会があったらぜひ訪問してください。