ページトップに戻る
公開日時 2022.09.21
最終更新日時 2022.09.05

キヤノンが「RFID 位置情報ソリューション」を開発、大林組と実証実験を開始

RFIDを用いた位置情報の読み取り

キヤノン株式会社は、RFID(Radio Frequency Identification)を用いた「Canon RFID 位置情報ソリューション」を開発したと2022年8月31日に発表した。実証実験を経て2023年中に提供を開始する予定だ。

手間なしの自動読み取り

RFIDは、専用のタグから電波を用いてデータを読み取る技術だ。キヤノンではRFIDリーダーを独自開発し、今回大林組の協力を得て、システムの実証実験を開始した。

同社のRFIDリーダーは、360度方向に電波を発信するアンテナ、移動量検知機能を有しているため、読み取り作業を必要としない。RFIDリーダーを携帯しながら現場を移動するだけで、RFIDタグを貼り付けたヒト・モノの位置情報を収集する仕組みだ。

RFIDリーダーはスマホの大きさとほぼ同等で、軽量で持ち運びしやすい。

キヤノン

リソースの把握で作業効率アップ

スマホやタブレットなどに専用アプリをインストールすると、位置情報を自動アップロード、マップ上で位置を確認することができる。

これにより建設現場の資材、機材、作業員の所在を把握できるため、ヒト・モノを探す手間を省き施工管理者の作業効率化につながるほか、リソースの適切な配置によるコスト削減なども見込まれる。

キヤノン

今回の実証実験を通して、建設現場だけでなく多数のヒト・モノを必要とする物流や医療、小売などをはじめ、オフィスやその他の施設での人流把握など様々な用途の活用が期待できるとしている。

(画像はプレスリリースより)

キヤノン株式会社のプレスリリース
https://canon.jp/corporate/newsrelease/2022/2022-08/pr-rfid

Amazon.co.jp : キヤノン に関連する商品

俺の夢は「施工管理技士の派遣転職」に特化し、業界最大級の求人数、30年以上の転職サポート実績を誇る求人サイトです。
このサイトでは、施工管理技士の方に役立つ情報を「トレンド」「キャリア」「知識」の3つに分けてお届けしています。
運営企業:株式会社 夢真

Twitter LINE
NEW

新着求人

2024年6月23日更新
新着情報0
現在、新着求人はありません。