MENU

【現場監督の女子におすすめしたい】インスタ映えする被写体<食べ物編>

最近では建設業界で働く女性が以前よりも増えてきています。
現場監督の仕事をしている女性は、普段は男性が多い職場で活躍していますが、プライベートではインスタを使っている人も多いでしょう。
インスタ映えする写真を撮るなら、食べ物を被写体に選ぶのがおすすめです。
では、どんな食べ物ならインスタ映えしやすいのか、どのように撮影すればいいのか説明していきます。

どんな食べ物がインスタ映えしやすい?

インスタに食べ物の写真をアップしている女子は多いでしょう。
食べ物の中でもインスタ映えしやすい被写体は、フルーツです。
インスタの写真を見てみると、フォロワーが多い人の写真やいいねがたくさん付いている写真は、フルーツを被写体にしているものが目立ちます。
特にイチゴはショートケーキやパフェなどにもよく使われるので、インスタ用に撮影するのにおすすめです。
生クリームやホイップの白い色とイチゴの赤い色とのコントラストがとても可愛らしく写ります。
オシャレなカフェなどで、イチゴを使ったスイーツを食べるときにぜひ撮影してインスタにアップしてみましょう。
ソフトクリームなども意外とインスタ映えします。
お店によってソフトクリームの形が微妙に異なるため、面白い形のソフトクリームなら注目を集めやすいです。
白いバニラが定番ですが、チョコミックスや抹茶など色とりどりのソフトクリームでも、インスタ映えを目指せます。

インスタ映えしやすい撮影方法

同じ被写体の食べ物を撮影しても、上手くインスタ映えする人と、平凡な感じになってしまう人がいるでしょう。
撮影方法に少し工夫を凝らすだけで、同じ被写体でもかなり印象が違ってきます。
カフェやレストランで食べ物を撮影するのであれば、光の向きが大事です。
窓から日光が注ぎ込んでいて横から照らされていると、インスタ映えしやすい写真を撮れます。
お店や座席によっては日光が当たらない場合もあるでしょう。
そのときには、真上から撮影するのがおすすめです。
メインディッシュとスープ、デザート、ドリンクなどが全部入るようにすれば、雑誌の表紙のように見えることもあります。
また、わざと食器の一部がはみ出すように撮影したり、フォークなどを握っている手が写るように撮影したりする方法もおすすめです。
ただ、慣れていないとやや難しく感じられるかもしれません。

インスタ映えする現場監督女子を目指そう

食べ物はインスタの写真の被写体では定番中の定番です。
インスタ映えする写真を撮りたいのであれば、カフェなどに行ったときに撮影してみましょう。
最初は真上から撮影してみて、慣れてきたら少しアレンジを加えた撮影方法を試してみるのがおすすめです。
オシャレで可愛いパフェなどをアップして、インスタ映えする現場監督女子を目指しましょう。