MENU

危険物取扱者とは?仕事内容や取得する方法を紹介!

危険物取扱者は、建設業界をはじめとする幅広い業界で必要とされる資格です。
一定数量以上の危険物を貯蔵したり、取り扱ったりする施設では、危険物の専門知識を持った危険物取扱者を設置しなくてはいけません。
危険物取扱者には甲種・乙種・丙種などに分類されます。
それぞれ取り扱える危険物に違いがあり、指定の危険物の定期点検、保安の監督が可能です。
本記事では危険物取扱者とはなにか、どんな種類があるので、取得するにはどうしたらいいのかなどを紹介します。

危険物取扱者の仕事内容とは?

一定数量以上の危険物を貯蔵したり、取り扱ったりする仕事では、危険物を取り扱うための資格「危険物取扱者」が必要です。
危険物は取り扱いを間違えさえしなければ、人々の生活に役立つものです。
しかし不適切な取り扱いを行えば、災害に発生しかねない危険な物質でもあります。
そのため一定数量以上の危険物を取り扱う場合には、危険物取扱者の資格が必要とされるのです。
危険物取扱者の資格があれば、危険物を取り扱う施設で働くことができます。
建設業界や石油メーカー、化学メーカーなどのほか、危険物を運送するタンクローリーの運転手などでも必要とされます。
危険物取扱者の資格は、甲種・乙種・丙種に分類されており、それぞれ取り扱える危険物が異なるのが特徴です。

危険物取扱者の主な業務

危険物取扱者の業務は主に危険物の取扱いと定期点検、保安の監督などです。
甲種と乙種の資格を持っていれば、資格者が立ち会うことで危険物取扱者の資格を持っていない人でも危険物の取扱いが可能です。
丙種はこれらの立会いの権限はないので気を付けましょう。
丙種はガソリン、灯油、軽油、重油など特定の危険物に限り、取扱いと定期点検が可能です。

危険物取扱者の資格を取得するメリット

危険物取扱者の資格があれば、建設業界でも就ける職の幅が広がります。
さまざまな場面で活躍できるので、危険物取扱者を募集している求人は比較的多いといえます。
また資格手当を支給している企業も多く、収入アップも期待できるでしょう。
さらに資格取得が昇進要件となっている場合があるため、キャリアアップを考えている方も取得して損はない資格といえます。

危険物取扱者の種類

統括管理

危険物取扱者は免状の種類によって、取り扱える危険物が異なります。

甲種の場合

全種類の危険物を取り扱うことが可能です。

乙種の場合

第1類・・・塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類、臭素酸塩類、硝酸塩類、よう素酸塩類、過マンガン酸塩類、重クロム酸塩類などの酸化性固体を扱うことが可能です。

第2類・・・硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウム、引火性固体などの可燃性固体などの酸化性固体を扱うことが可能です。

第3類・・・カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム、黄りんなどの自然発火性物質や禁水性物質などの酸化性固体を扱うことが可能です。

第4類・・・ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類などの引火性液体などの酸化性固体を扱うことが可能です。

第5類・・・有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物、アゾ化合物、ヒドロキシルアミンなどの自己反応性物質などの酸化性固体を扱うことが可能です。

第6類・・・過塩素酸、過酸化水素、硝酸、ハロゲン間化合物などの酸化性液体などの酸化性固体を扱うことが可能です。

丙種

ガソリン、灯油、軽油、重油などを扱うことが可能です。

乙種4類が人気

乙種の免状の種類の中でも、特に4類を受験する人が多いとされています。
これは第4類が、ガソリンや灯油、軽油、アルコールなど、身近な危険物を取り扱えるようになるためです。
これらの危険物を取り扱っている業種は多いため、就職・転職を考えている方にも人気の資格といえます。

危険物取扱者を取得するには

危険物取扱者の資格を取得するには、試験に合格する必要があります。
甲種・乙種・丙種ごとに受験資格や試験内容が異なるので注意しましょう。
ここでは種別ごとの受験資格や合格率などを紹介します。

甲種の免状の種類ごとの受験資格

甲種の試験を受けるには以下のいずれかに該当する必要があります。

大学等で化学に関する学科等を修めて卒業した場合

資格の詳細・・・大学、短期大学、高等専門学校、専修学校、高等学校の専攻科、中等教育学校の専攻科、防衛大学校、職業能力開発総合大学校、職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、外国に所在する大学等であること

証明書類・・・卒業証明書または卒業証書

大学等で化学に関する授業科目を15単位以上修得した場合

資格の詳細・・・大学、短期大学、高等専門学校(高等専門学校では専門科目に限る)、大学院、専修学校、大学、短期大学、高等専門学校の専攻科、防衛大学校、防衛医科大学校、水産大学校、海上保安大学校、気象大学校、職業能力開発総合大学校、職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、外国に所在する大学等であること

証明書類・・・単位修得証明書または成績証明書

乙種危険物取扱者免状を有している場合

資格の詳細・・・乙種危険物取扱者免状の交付後、危険物製造所等における危険物取扱いの実務経験が2年以上あること

証明書類・・・乙種危険物取扱者免状および乙種危険物取扱実務経験証明書

資格の詳細・・・次の4種類以上の乙種危険物取扱者免状の交付を受けていること

  • 第1類または第6類
  • 第2類または第4類
  • 第3類 ・第5類

証明書類・・・乙種危険物取扱者免状

修士・博士の学位を有する場合

資格の詳細・・・修士、博士の学位を授与され、化学に関する事項を専攻してあること(外国の同学位も含む)

証明書類・・・学位記等

乙種・丙種

乙種と丙種の試験は誰でも受験できます。

試験科目

甲種・乙種・丙種の試験科目および問題数は以下のようになっています。

甲種
・危険物に関する法令(15問)
・物理学および化学(10問)
・危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法(20問)

乙種
・危険物に関する法令(15問)
・基礎的な物理学および基礎的な化学(10問)
・危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法(10問)

丙種
・危険物に関する法令(10問)
・燃焼および消火に関する基礎知識(5問)
・危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法(10問)

試験方法
・筆記試験
甲種・乙種:五肢択一式
丙種:四肢択一式

試験科目が一部免除される場合もある

既に取得している資格によっては、試験科目の一部が免除される場合があります。
乙種の場合、以下に該当する場合は試験科目の一部免除になります。

乙種危険物取扱者免状を有する場合
全類が免除の対象であり、免除内容は法令と物化が全て免除されるため問題数は性消の10問のみになります。

火薬類免状を有する場合
1類と5類が免除の対象であり、試験内容は法令が15問、物化が4問、性消が5問となります。

乙種危険物取扱者免状を有し、かつ火薬類免状を有する科目免除申請者
1類と5類が免除の対象であり、免除内容は法令と物化が全て免除され、性消も一部免除となり問題数は性消の5問のみになります。

丙種危険物取扱者において次に該当する場合は、試験科目の一部が免除になります。
5年以上消防団員として勤務し、かつ、消防学校の教育訓練のうち基礎教育または専科教育の警防科を修了した場合
試験内容は、危険物に関する法令が10問、危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法が10問となります。

免除を受けるには、それぞれ免状のコピーを願書に添付する必要があるので忘れないようにしましょう。

合格率

甲種・乙種・丙種ともに、試験科目ごとの成績が60%以上の場合、合格となります。
危険物取扱者の合格率は、試験を実施している「一般財団法人 消防試験研究センター」から発表されています。

甲種の合格率は約33~39%となっています。
甲種を受験するには、特定の学科を卒業しているなど一定の条件があります。
そうして知識を持っている人が受験しても、合格率が3~4割のため、難易度はかなり高いといえるでしょう。

乙種の全体の合格率は約37%~44%となっており、ある程度難易度が高いといえるでしょう。
しかし乙種の試験を受けるには受験資格が必要ないことから、甲種よりは難易度がかなり低いとも考えられます。

丙種の合格率は、甲種・乙種に比べて高く約50%前後となっています。
丙種は四肢択一式のため、甲種や乙種と比べて、正解を導きやすいと考えられます。
危険物取扱者の資格を取得したいが、これまでまったく危険物の分野に触れてこなかったという方は、まず慣れるために丙種の試験を受けるのもおすすめです。

勉強のポイント

大学で専門知識を学んだことのある人は、物理学や化学などの基礎知識がある人は、丙種ではなく、乙種や甲種から受験する人も多いとされています。
物理学や化学の知識がない人は、まず基礎的な理論から学ぶのがおすすめです。
また試験を実施している「一般財団法人 消防試験研究センター」などでは過去問題の一部を公開しています。
公式ホームページからダウンロードすることができるので、「過去にどんな問題が出たのか知っておきたい」という人は解いておきましょう。
独学でも勉強は可能ですが、もし「何から勉強したらいいのか分からない」という場合は、全国で開催されている「危険物試験受験のための準備講習会」に申し込むのも一つの方法です。

危険物を取り扱うために必要な資格

危険物取扱者は危険物を貯蔵、または取り扱う施設で設置しなくてはいけない資格者です。
主に危険物の取扱い、定期点検、保安業務を行います。
大きく分けて、甲種・乙種・丙種の3種類に分かれており、それぞれ取り扱える危険物が異なります。
そのためどんな職場で働きたいのか、職場でどんな危険物を取り扱うのかを念頭において試験を受けましょう。
危険物を取り扱う業界は多いため、人気の資格です。
建設業界でも危険物を取り扱うことがあるため、この資格があれば転職の際に有利となるでしょう。
もし建設業界への転職を目指している方は、経験者募集の求人を多数掲載している「俺の夢」までぜひご相談ください。

俺の夢 for MAGAZINE