MENU

2級ボイラー技士の仕事内容は?資格の取り方についても紹介!

ボイラーは、空調や温水の供給などで欠かせない設備です。
多くの施設で使用されていますが、高温になるため、正しく使わないと重大な事故につながってしまいます。
そのため、ほぼすべてのボイラーを取り扱う際には「ボイラー技士免許」が必要となるのです。
ボイラー技士の資格は、特級・1級・2級に分類されます。
2 級ボイラー技士とは、ボイラー技士資格の中でも一番難易度が低く、誰でも受験することが可能です。
本記事では、施工管理技術者も知っておくと便利な2級ボイラー技士の仕事内容、資格を取得するメリット、取得方法などを紹介します。

2級ボイラー技士の仕事内容

はい作業

簡易ボイラーや小型ボイラーなどを除く、多くのボイラーを取り扱うにはボイラー技士免許が必要です。
ボイラー技士免許は、特級・1級・2級の3種類に分かれています。
級の区分に関係なくすべてのボイラーを取り扱うことが可能です。
ただしボイラー業務の式や管理を行える「ボイラー取扱作業主任者」になるためには、ボイラーの規模により必要な免許が異なるとされています。

主な仕事内容

2 級ボイラー技士はボイラーのある場所であれば需要があるため、幅広い業界で働けます。
ここでは働く場所別の主な仕事内容を紹介します。

建設会社

ボイラーを使用する施設を建設する際に、ボイラー技士に立ち会ってもらうこともあります。
現場に立ち会い、設置場所に関するアドバイスなどを行います。
ボイラーを設置する建物は多いため、ボイラー技士を必要としている建設会社は多いといえるでしょう。

ビル管理会社

  • ボイラー設備の点検
  • 保守点検
  • 不具合部分の確認・修繕
  • 不具合報告
  • 故障した場合の業者の手配

基本的な業務は保守点検です。
また簡易的な故障であれば、ボイラー技士自ら修理する場合もあります。
専門業者による修理が必要になった場合は、専門業者と連絡を取り、調整役となります。
ボイラーなどの機械に接するだけでなく、書類の作成や連絡役となるのも特徴です。

工場内でのボイラー管理

工場やプラントなどにもボイラーが設置されることが多いです。
主な仕事内容はビル管理とあまり変わりません。
ボイラーが正しく動いているか、異常はないかなどの点検を行います。

ホテル

空調管理や温水の供給のためボイラーを使用しているホテルも多いです。
地下などのボイラー室を設けている場合も多く、保守・点検のためにボイラー技士を募集している場合があります。

病院

病院でも空調管理や温水の供給のためにボイラーを設置していることが多いです。
このため、病院もボイラー技士が活躍できる場所といえるでしょう。

2級ボイラー技士を取得するメリット

では2級ボイラー技士の資格があれば、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。
ここでは具体的なメリットについて紹介します。

幅広い業界で需要がある

ボイラーはさまざまな場所に設置されています。
そのためボイラー技士を必要としている会社は多くあります。
また大型のボイラーではなく、簡易・小型のボイラーを設置している場所でも、ボイラーの専門知識を持っていることはプラスになるでしょう。
業界未経験者でも、2 級ボイラー技士の資格があれば転職に有利になることが期待できます。

収入アップにつながる

資格手当がある会社も多いため、収入アップにつながります。
また2 級ボイラー技士の資格があれば、1級・特級とさらに上位の資格に挑戦できます。
1級・特級はさらに専門性を追求した資格のため、さらに需要が高い資格です。
上位の資格があればさらに手当が増える可能性もあるため、収入アップ、キャリアアップを狙っている方は挑戦しがいがあるといえるでしょう。

2級ボイラー技士の取得方法

開発許可

2 級ボイラー技士の資格を取得するには、試験に合格する必要があります。
ここでは2 級ボイラー技士試験の受験方法、合格率、勉強のポイントなどを紹介します。

受験資格

2 級ボイラー技士免許試験には受験資格はありません。
本人確認証明書さえあれば誰でも受験可能です。
ただし免許を受けるには、試験に合格するだけでなく以下のいずれかの条件に該当する必要があります。

・以下のいずれかに該当し、2 級ボイラー技士免許試験に合格したもの

  1. 大学、高等専門学校、高等学校においてボイラーに関する学科を修めており、3ヶ月以上の実地修習を経ている
  2. 6ヶ月以上ボイラーの取扱いの実地修習を経た者
  3. 都道府県労働局長や登録教習機関が行ったボイラー取扱技能講習を修了しており、4ヶ月以上小規模ボイラーを取扱った経験がある
  4. 登録ボイラー実技講習機関が行うボイラー実技講習を修了している
  5. 熱管理士免状(エネルギー管理士(熱)免状も該当)を有する者で、1年以上の実地修習を経ている
  6. 海技士(機関3級以上)免許を受けている
  7. 海技士(機関4・5級)の免許を有する者で、伝熱面積の合計が25m2以上のボイラーの取扱い経験がある
  8. ボイラー・タービン主任技術者(1種,2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が25m2以上のボイラーの取扱い経験者
  9. 保安技術職員国家試験規則による汽かん係員試験に合格し、伝熱面積の合計が25m2以上のボイラーを取り扱った経験がある
  10. 鉱山において、伝熱面積の合計が25m2以上のボイラーを取り扱った経験がある
    (但しゲージ圧力が0.4MPa以上の蒸気ボイラー又はゲージ圧力0.4MPa以上の温水ボイラーに限る。)

・職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号)第27条第1項の準則訓練である普通職業訓練のうち、職業能力開発促進法施行規則(昭和44年労働省令第24号)別表のボイラー運転科の訓練(通信の方法によって行うものを除く。)を修了している

・厚生労働大臣が定める者

試験科目と範囲

試験科目 範囲
ボイラーの構造に関する知識 熱および蒸気、種類および型式、主要部分の構、附属設備および附属品の構造、自動制御装置
ボイラーの取扱いに関する知識 点火、使用中の留意事項、埋火、附属装置および附属品の取扱い、ボイラー用水およびその処理、吹出し、清浄作業、点検
燃料および燃焼に関する知識 燃料の種類、燃焼方式、通風および通風装置
関係法令 労働安全衛生法、労働安全衛生法施行令および労働安全衛生規則中の関係条項、ボイラーおよび圧力容器安全規則、ボイラー構造規格中の附属設備および附属品に関する条項

合格後に免許申請を行う

試験合格者には「免許試験合格通知書」を受け取ったら、都道府県労働局や各労働基準監督署などで配布している免許申請書で申請を行いましょう。
この手続きをしないと免許が発行されません。
また2級ボイラー技士は免許申請をする際に、実務経験などを証明する書類の添付が必要です。

実務経験がない場合は?

2級ボイラー試験の免許を発行するには、実務経験が欠かせません。
つまり2 級ボイラー技士免許試験の筆記試験に合格しても、ボイラーに関する実務経験がなければ免許が発行されないのです。
この解決方法のひとつとして「ボイラー実技講習」を受ける方法があるとされています。
ボイラー実技講習を受講・修了することで、免許交付の条件を満たすことが可能です。
受験前に受講しても、免許試験合格後に受講しても有効とされています。

ボイラー実技講習の内容

ボイラー実技講習は学科2日、実習1日の計3日間にわたって行われる講習です。
この講習は3日間すべての講習に出席しなくてはいけないので注意しましょう。

・学科

  1. 燃焼
  2. 付属設備および付属品の取扱い
  3. 水処理および吹出し
  4. 点検および異常時の処置

・実習
実習用のボイラーを実際に使用し、学科で習った1~4についての講習が行われます。

ボイラー取扱い技能講習との違い

ボイラー実技講習と似た講習として「ボイラー取扱い技能講習」があります。
ボイラー取扱い技能講習は、講習を修了すれば「小規模ボイラー」に限って取扱いが可能です。
つまりこの講習を修了しただけでは、2級ボイラー技士の免許は発行されません。
2 級ボイラー技士免許試験合格者がボイラー取扱技能講習修了後に、4ヶ月以上小規模ボイラーの取扱い業務の経験を積み、経験証明書を提出することで、2 級ボイラー技士免許証が交付されます。
こちらは講習修了後に実務経験が必要となるので、小規模ボイラーを取り扱える環境にいる人におすすめといえます。
また1日の座学のみで終わるので、ボイラー実技講習のように3日間の日程を取れない方にも向いているでしょう。

受験準備のポイント

2 級ボイラー技士免許試験は独学でも勉強できますが、「受験準備講習」を受けるのもおすすめです。
この講習は、必須ではありませんが、受講者全員が合格することを目標に開催されているため「どこから勉強を始めたらいいのか分からない」という方に向いているでしょう。
「受験準備講習」は「一般社団法人 日本ボイラー協会 都道府県支部」で開催されています。

受験準備講習の内容

講習は連続した2日間で4科目を勉強するとされています。

  1. ボイラーの構造に関する知識
  2. ボイラーの取扱いに関する知識
  3. 燃料および燃焼に関する知識
  4. 関係法令

受講して合格できなかった場合、受講後1年間は無料で再受講できるとされています。

就職や転職にも有利な資格

2 級ボイラー技士の資格はボイラーに関する専門知識と技術があることを証明できる資格です。
この資格があれば、建設会社、ビル管理会社、病院、ホテルなど幅広い会社での活躍が期待できます。
また収入アップや、就職や転職で有利になるなどさまざまなメリットが期待できるでしょう。
さらに1級など上の資格を目指すには2級の資格が必要です。
そのためまずは2級から受験してステップアップを目指す人も多くいます。
ボイラーを取り扱う業務に興味のある方、幅広い業界で活躍できる資格を取得したい方は、2 級ボイラー技士資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。
また2 級ボイラー技士などの資格が必要とされる資格や建設業界に転職を考えている方は、経験者募集の求人を多数掲載している「俺の夢」をぜひご覧ください。

俺の夢 for MAGAZINE