MENU

消防設備士乙種6類資格概要、メリット、難易度について紹介!

消防設備士乙種6類とは、消火器に特化して資格とされています。
消火器は多くの場所に設置されているため、消防設備士乙種6類の資格が活躍できる場所は幅広いといえます。
そのため収入アップや転職でも有利になる可能性があり、人気の高い資格です。
本記事では、消防設備士乙種6類の資格の概要やメリット、試験の難易度などについて紹介します。

消防設備士乙種6類とは

消防設備士の資格は国家資格で、甲種と乙種に分けられます。
・甲種
工事と整備、点検などを行うことができます。
1~5類まであります。
・乙種
乙種は整備のみを行える資格です。
1~7類まで分けられています。

類とは対象となる設備によって区分されています。

6類は消火器を専門とした資格

その中で6類は、消防設備の一つである消火器を専門に取り扱える資格です。
消火器はさまざまな建物等に設置される消防設備であり、その数も圧倒的です。
そのため建設業界をはじめとした幅広い業界で役立つ資格といえるでしょう。

受験方法

消防設備士乙種6類の資格を取得するには試験に合格する必要があります。
ただし甲種と違い、受験資格の条件がないので誰でも受験できるのが特徴です。
ここでは受験要項など、受験の主な流れを紹介します。

日程の確認

試験は同じ日程で複数の試験を行っている場合もあれば、一部の試験しか受験できない日程もあります。
そのため事前に消防設備士乙種6類の試験がいつ行われているのか、チェックしておきましょう。
試験の日程は「一般財団法人 消防試験研究センター」で確認できます。

願書の提出

願書は各都道府県支部や東京都の中央試験センター等で、無料で配布されています。
また郵送で送ってもらうこともできます。
記入した願書はセンターに持参するか、郵送で提出しましょう。
インターネットから受験申請を行う「電子申請」の利用も可能です。
ただし電子申請は、1日に実施される試験の1種類に限って行えるものです。
また受験資格を証明する書類を必要としない試験の申請に限定されています。
乙種は証明書の申請が必要ないので、誰でも申請可能です。

受験票の受け取り

受験票は試験日の約1週間前までに郵送されます。
1週間前までに届いていない場合は、速やかに消防試験研究センターなどに問い合わせましょう。

試験

各センター等で受験します。

結果通知書の送付

消防試験研究センター等から試験結果通知書が送付されます。
またホームページ上でも合格発表が行われています。
ただしホームページ上の発表はあくまで補助的なものなので、試験結果通知書でしっかり内容を確認しましょう。

免状交付申請

合格したら免状交付申請を行います。
受験した各都道府県のセンター支部で申請を行いましょう。
申請には以下の書類が必要です。
・免状交付申請および試験結果通知書
この2つは切り離さないよう注意しましょう。
・送付用封筒
免状を郵送で受け取る場合に必要なものです。
定形封筒の表面に、郵便番号、住所、氏名を記入し、簡易書留郵便料金の404円分の切手を貼付し、裏面下部に受験番号を記入します。
・手数料
2,900円(1種類につき)
・既得免状
他の消防設備士免状や危険物取扱免状などを持っている方は持参します。

消防設備士乙種6類のメリット

さまざまな場所で活躍が期待できる消防設備士乙種6類の資格ですが、具体的なメリットは以下のようなものが考えられます。

需要がある

消火器は日常生活の中でも特に身近とされる消防設備です。
オフィスビルや商業施設などの大型の建物から、戸建て住宅などの小さな建物までさまざまな場所に設置されています。
消火器は万が一火災が発生した際に問題なく使えるように、常に万全の状態にしておく必要があります。
そのため定期的な整備が必要とされるのですが、それを行えるのが消防設備士乙種6類の資格です。
消防設備関係の会社だけでなく、消火器を使用・設置している幅広い業界で必要とされています。
もちろん建設業界でも役立つため、需要の高い資格といえるでしょう。

収入アップが期待できる

多くの会社では、資格取得者には手当がつきます。
そのため消防設備士乙種6類の資格を取得すれば収入アップが期待できるでしょう。
また消防設備士乙種6類だけでなく、他の消防設備士の資格を取得すれば、さらにメリットがあります。
社内評価が上がるので、さらなる年収アップが期待できます。

転職の際に有利になることが多い

資格があれば、その分野に関する専門的な知識と技術があることが客観的に証明できます。
そのため一般的に、資格取得者の方が転職に有利なことが多いです。
特に消防設備士乙種6類で取り扱う消火器は幅広い業種・会社で使用します。
このため転職の際にも大きなアピールポイントになるでしょう。

消防設備士乙種6類の難易度

試験は筆記試験と実技試験で行われます。

試験科目と問題数

筆記試験
・消防関係法令 10問
・基礎的知識 5問
・構造、機能、整備 15問
計30問

実技試験 
5問

合格基準と合格率

筆記試験では各科目ごとに40%以上かつ全体の出題数の60%以上の成績、実技試験では60%以上の成績を修めたものが合格です。
「一般社団法人 消防試験研究センター」の発表によると、合格率はおおむね30~40%台で推移しています。
このことから国家資格の中では比較的取得しやすい資格とされています。

科目ごとの難易度

消防設備士乙種6類は、合格率が約30~40%なことから、国家資格の中では難易度が低い資格といわれています。
しかし科目ごとの対策はしっかり練らないと合格はできません。
筆記試験の「消防関係法令」、「基礎的知識」、「構造、機能、整備」はマークシート方式で行われます。
これに比べて実技試験は写真・イラスト・図面等を使った記述式なので、マークシート方式よりも難しいといえるでしょう。
このため特に実技試験問題については、じっくり対策を練る必要があります。

科目免除されるケースもある

消防設備士乙種6類以外の消防設備士の資格や、電気工事士、技術士等の資格を持っていれば一部の試験科目が免除されます。
また消防団員として5年以上勤務し、かつ所定の教育を修了している場合でも、免除される場合があるので事前に確認しておきましょう。
科目が免除になった場合、試験時間も短縮となります。
免除申請を行う場合は、資格を証明する書類が必要です。

勉強方法

国家資格の中では比較的難易度が低いといわれている資格ですが、「想像よりも難しい」と感じる人ももちろんいます。
ただし基本的には暗記すれば問題ないことから、2~3ヶ月前から勉強をはじめる方が多いようです。
ただし人によって暗記するスピードや、暗記したものを覚えていられる期間は違うことからあくまで目安でしかないことを知っておきましょう。
まずは参考書などを購入し、難易度などを確認するのがおすすめです。

幅広い場所で活躍が期待できる

消防設備士乙種6類は、消火器に関する資格です。
消火器はさまざまな建物等で使用する一般的な消火設備のため、数多くの場所に設置されています。
そのため消防設備士乙種6類の資格の需要は非常に高いといえます。
資格手当などによる収入アップや、転職の際に有利になることも期待できます。
自身のキャリアアップが期待できる資格なので、興味がある方はぜひ取得してみてはいかがでしょうか。
また消防設備士乙種6類の資格が活かせる建設業界に興味のある方は、ぜひ業界最高水準の給与額の求人を多数掲載している「俺の夢」にご相談ください。

俺の夢 for MAGAZINE