MENU

建築現場で役立つ工程表。種類や簡単な作り方

工程表とは、建築現場で利用される図表です。
図として表すことで、手順や進捗などをリアルタイムで把握できます。
またスケジュール変更なども素早く確認可能です。

本記事では施工管理技術者も知っておきたい工程表の種類や作り方について紹介します。

建築現場で使用する工程表

工程表とは、工事を時系列で記したスケジュール表です。
工程表を作成することで、工事の施工時期や工事相互の関係を簡単に把握しやすくなるとされています。

また天候などによってスケジュール変更があった際にも、素早く確認可能です。
一般的には、列(縦軸)に工事を記入し、行(横軸)に日付を記入している場合が多いとされています。

工程表を作成する目的

工程表を作成することで、各種工事の工程を組むことが可能です。
また工事全体の工期を設定・把握しやすくなります。
工事管理基準等でも、「工程表に基づいて工事を実施する」などの内容が記載されています。

工程表の種類



工程表は一つではなく、さまざまな種類があります。
ここでは工程表の代表的な種類と、それぞれの特徴を紹介します。

バーチャート工程表

バーチャートは工程表の中でも最も一般的とされる工程表です。
縦軸に作業項目、横軸に日付を記入します。
タスクと日程を記入するだけなので作成が簡単なのが特徴です。

また誰が見ても一目でスケジュールが把握しやすいというメリットがあります。
しかし各タスク間の関連を見ただけでは分かりづらいというデメリットも考えられます。

ガントチャート工程表

バーチャート工程表に似ている表ですが、横軸に作業の進捗率を記入します。
作成が簡単かつ、作業の進捗状況が確認しやすいというメリットがあります。
しかしバーチャート工程表と同じく、各タスク間の関連が分かりづらいのがデメリットといえるでしょう。

グラフ式工程表

バーチャートとガントチャートの特徴を併せ持っているのがこのグラフ式工程表です。
縦軸に進捗、横軸に日付を記入し、曲線で進捗状況を表します。
進捗状況と作業予定日時の双方を確認できるのがメリットです。

しかしバーチャートとガントチャートに比べて作成方法が複雑なのがデメリットとされています。
またグラフ式工程表も、タスク間の関連性は把握しづらいです。

ネットワーク工程表

円と矢印を利用した工程表です。
各タスクにかかる工数と、タスク間の関連性を示したものです。

この工程表は、主たるタスクが終わらないと次のタスクに移れないようになっています。
最短で工事を終えるにはどのタスクから着手したら効率がよいか、同時に始められるタスクはあるかなど、タスク同士の関連性が把握しやすいのが特徴です。
デメリットは、作成方法が複雑かつ、作業の進捗が分かりづらいということです。

工程管理曲線

全体の進捗情報を把握するのに向いているとされる作業工程表です。
縦軸に進捗率、横軸に日付を記入して作成します。
上方と下方に許容限界曲線を補助線として記入することで、予定からどれだけ工事が遅れているのか、予定通り進められているのかを確認できます。

全体の進捗状況を確認したい際に向いている工程表です。
しかし各タスクの進捗が分からないというデメリットもあります。

工程表の作り方



工程表はパソコンで作成します。
ここでは一般的に用いられることも多いバーチャート工程表の作り方を紹介します。

バーチャート工程表の作成方法:Excel

バーチャート工程表はExcelやGoogleスプレッドシートなどを使ったり、専用ソフトなどを利用したりして作成します。
ここではExcelを使った作成方法を紹介します。

タスクの洗い出しを行う
工事を完了させるために必要なタスクの洗い出しを行います。
このタスクを縦軸に記入します。
大まかなタスクを「親タスク」、さらに細かく分けたタスクを「子タスク」としましょう。
どこまでタスクを細かく分けるかは、そのタスクの担当者と話し合うのがおすすめです。
タスクを洗い出したらエクセルの縦軸に記入し、作業順に並び変えましょう。

所要時間を見積もる
各タスクに必要な所要時間(工数)の見積もりを行います。
ギリギリに見積もりすぎると、工事が遅れる原因となりかねません。
できるだけ正確な数字を出すように心がけましょう。

開始日と終了日を設定する
各タスクの開始日と終了日を入力しましょう。
所要時間の横の列に記入すると分かりやすくなります。
手で一つずつセルに入力するよりも、「開始日+所要時間」の計算式を入力するのが推奨されています。
ここでは途中で工数の変更があった場合でも、自動的に終了日も自動で修正してくれるためです。

担当者を入力する
各タスクの担当者を記入しましょう。

横軸に日付を記入する
最後に横軸に日付を記入し、グラフ化して完成です。

工程表を作成することで工事の進捗が分かりやすくなる

工程表は工事を決められた期間内に完了させるために必要なものです。
しっかりと工程表を作成することで、作業内容が整理された、誰の目でも完成までの道のりが分かりやすくなります。

建設現場工事など、建設業界に興味のある方は、業界最高水準の給与額の求人を掲載している「俺の夢」にご相談ください。

俺の夢 for MAGAZINE