施工管理・現場監督の求人・転職情報なら|俺の夢|10人に7人は転職意欲あり。未経験でも異業種へ転職する理由とは

一つの会社で定年まで働くのが当たり前だった時代は、過去の考え方になりつつあります。

キャリアアップや待遇向上の手段として「転職」がスタンダードになっている今、常にアンテナを張っていないと、より良い職場に移るチャンスを逃してしまうかもしれません!

日本のサラリーマンの2,600万人が転職に対して肯定的!?

転職を意識しているが、実際には転職できていない人のことを「潜在転職者」といいます。

2017年に経済産業省が発行した「働き手向けアンケート調査」によると、調査対象である30〜59歳の働き盛りのサラリーマン1,307人のうち23.2%が潜在転職者で、転職経験者を含めると全体の74.5%の人が、転職を意識していることが明らかになりました。

出展:経済産業省産業人材政策室【働き手向けアンケート調査平成29年11月発行】

日本で働く正社員の数は3,494万人ですから、実に2,600万人以上が転職に対して肯定的だと言い換えられます。
このような傾向は今後ますます強まるので、転職に対してポジティブイメージが根付いて「転職して当たり前」となる時代は、すぐそこまで迫っているのかもしれません。

出展:総務省統計局「労働力調査」

それでも転職しない理由とは?

もちろん転職しない、考えていない人も一定います……
転職するのが当たり前になりつつあるなかで、転職することを「ポジティブ」と捉える人と「ネガティブ」と捉える人がいるのです。

■転職しないポジティブな理由
・現状の職場の待遇、仕事内容に満足している
・長く働いているから
・不満はあっても、社内で改善できるから

■転職しないネガティブな理由
・転職できるスキル、実績がない
・つぶしがきかない業界、業種だから
・待遇が良くなる転職先が見つからない
・転職活動する時間がない

上記の理由のうち「ネガティブな理由」で転職をしていない人は、モチベーションが上がりにくくなり、成果が出にくくなる傾向があります。
そうなっては会社にとっても社員にとっても好ましくない状況なので、なるべく早めに転職活動を始めることをおすすめします。
また、最近は「経験」や「実績」がない人でも、待遇をアップして転職できるケースが多くなってきているので、チャンスは広がっています。

転職するなら同業種?異業種?

「同業種で経験がなければ転職は難しい」と考えている人に朗報です。
弊社独自の調査によると、中途採用における異業種への転職の割合は約70%と過半数を占めていることが分かりました。
一般的な「中途採用は同業種の経験がないと難しい」というイメージは、大きく変わっていることがうかがえます。

異業種への転職者が年々増加傾向に

※弊社独自調査により算出

異業種への転職は2009〜2013年の平均と比べると2018年度は約2.5倍以上に推移しています。
この大きな変動から、異業種への転職を希望する人だけでなく、企業側も未経験の人材を積極的に受け入れていることが読み取れます。
そのなかでも特に門戸が広く、好条件で募集されることが多いのが建設業界の「施工管理」の仕事なのです。
転職未経験の人や異業種に転職したい人にオススメする施工管理の仕事についてご紹介します!

施工管理の仕事とは?

施工管理とは、建設現場を監督する仕事です。
専門的でありながら、中途の未経験からでもチャレンジでき、収入アップも目指せることから転職市場でも人気が高い職業となっています。

施工管理の業務は工事の原価管理、工程管理、安全管理、品質管理の4大管理が中心で、未経験で入社した当初は、先輩に指導してもらいながら各業務のサポートを行うことが一般的です。

また、会社の事業や工事の種類によって「土木施工管理」、「建築施工管理」など仕事の内容も異なります。
それぞれに対応した国家資格「施工管理技士」の資格を取得することで、キャリアアップが図れ、より良い待遇や重要な仕事を任せてもらえるようになります。

この施工管理技士の資格は就業期間などの条件があるものの、未経験者でも取得した人は沢山いるのです!
また、取得を積極的に支援してくれる会社が多いのも魅力の一つといえるでしょう。

施工管理技士として働くメリット

未経験で施工管理の仕事に就き、資格を取得して施工管理技士としてキャリアアップしたらどのような待遇を受けられるのでしょうか。施工管理技士として働くメリットを以下で紹介します。

・メリット1:高収入
・メリット2:安定業界で長期間働ける
・メリット3:未経験からでもキャリアアップが可能
・メリット4:多様な働き方がある

施工管理の種類によって違いはありますが、施工管理技士として一人前になれば未経験からでも「平均年収600万円前後」を目指すことができます。
それだけではなく、大手ゼネコンや業績によっては年収800万円台や1000万円を超える給与をもらってる人もいます。

また、建設業界は安定した需要が見込めるので安心して長期間働けるのも魅力の一つです。

文系や理系のほか、前職の経験も関係なく、努力とやる気があればキャリアアップも可能。実務で経験を積みながら、先述した国家資格の「施工管理技士」を取得することが代表的なキャリアップの手段です。

未経験で施工管理技士を目指すなら「俺の夢」がオススメ

未経験から施工管理の仕事に就きたい方には、建築業界最大級の転職サービス「俺の夢」をおすすめします。

・高収入案件が豊富
・年齢、ブランク、学歴不問(活躍している先輩がたくさんいます!)
・5000件以上の圧倒的な求人件数!
・未経験者も安心のフォロー体制(手厚い研修が自慢です)

このような条件に1つでも興味を持ったなら、ぜひお気軽にお問い合わせください。
「手に職をつけたい!」、「未経験でも稼ぎたい!」、「安定した職場で働きたい!」などのご希望をかなえるプランを用意してお待ちしております。


俺の夢 新着の求人

関連記事