建設業界最大規模の求人ポータルサイト【俺の夢】|月給最高100万円稼げる施工管理に転職がオススメな理由とは

「施工管理の仕事をしたいけれど、低賃金でブラックな環境だったらどうしよう…」
しかし、実際は派遣でも施工管理の待遇はかなり良いです。
本記事では、施工管理の待遇について紹介します。

施工管理が高収入な理由

施工管理の仕事は収入が高いと言われます。
しかし、それには理由があります。
工事現場での仕事ということで危険が伴い、特殊な経験やスキルが必要だからです。

また、施工管理はプロジェクトを管理する責任者という役割があります。
責任のある仕事なため、その分収入が高くなるのです。

さらに施工管理に転職して働く場合、派遣会社がしっかりしていれば原則的にサービス残業はありません。
残業した分しっかりと支払いを受けられるので、サービス残業が多い人に比べて収入がアップします。

サービス残業の根絶や長時間労働などは、建築業界全体で行っていこうという取り組みが進んでいます。
業界のホワイト化が進んでいるので、ブラックな業界に比べて月給が高くなっているという側面があります。

施工管理に経験者が転職すると未経験者より給与が高い

当然の話ですが、派遣であっても施工管理経験者の方が未経験者よりも月給が高い水準になりやすいです。
施工管理の派遣サイトなどで「月給◯◯万円から」などと書かれている場合があります。
これの意味として、「最低月給◯◯万円」という意味合いが強い多いことを覚えておきましょう。

また、経験やスキルがあることにより、この最低額に給与や手当などが上積みされていきます。
そのため、実際の手取りは高額になります。
経験や資格があればあるほど多少ブランクがあっても、スタート時の月給は高くなる傾向が施工管理の特徴です。

また、職種や現場の事情などの条件が組み合わされば、月給100万円になる可能性もあります。
「多少ブランクはあるけど、かつて慣れ親しんだ施工管理の仕事をしたい」という人は、ぜひ復帰を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

未経験で施工管理に転職しても最初から高い月給で働ける場合がある

上記では経験者の話をしましたが、未経験者の場合はどうでしょうか?
施工管理の仕事は他の業種に比べて、未経験者の人でも月給が高額な傾向があります。

理由は複数ありますが、まず業界全体として人手不足という事情が否めません。
そのため高い月給を設定して、人員を募集しているのです。

また、建築業界は好景気が続いているため、業界全体の給与水準が上がっている傾向が見られます。
こういった事情もあり、たとえ未経験者であっても他業種より金銭面で優遇されやすい状況です。

月給が高いだけではなく保障も手厚い

施工管理の仕事の魅力は給与の高さだけではありません。
業界全体でホワイト化が進んでいると既に述べましたが、その内容は福利厚生にも及びます。

昇給・ボーナス・社会保険などに加えて、以下のような福利厚生が多いです。

・家族手当
・住宅手当
・資格手当
・その他

など、手当を完備する企業が増えています。

また、施工管理の仕事は休みが少ないと言われています。
土日祝日の休みに加えて、夏季休暇や年末年始休暇、慶弔休暇をしっかりと取れるような制度を整えている会社も多いです。

仮に休日出勤したときに、代休を取るよう指示する会社も増えています。
このような好待遇により離職率が非常に低い会社も数多くあるのです。

「派遣でも福利厚生の恩恵を受けられるの?」と考える人がいるかもしれません。
俺の夢は好待遇に加えて、福利厚生も充実しているのでご安心ください。

まとめ

激務と言われる施工管理の仕事ですが、給与が高く実は福利厚生もしっかりしています。
そのため、派遣であっても好待遇を受けられるので安心して働けます。