施工管理・現場監督の求人・転職情報なら|俺の夢|施工管理の中途採用で理想の働き方

施工管理業務は若いときから経験を積み、スキルを身につける必要があると思われがちです。
確かにそういった部分もなくはないですが、中途採用が不利なわけではありません。
本記事では、中途採用の強みを紹介します。

【中途入社のメリット】スタート時の給与水準が高い

社会人経験1年目の人よりも、社会人経験が数年ある人の方が、似たような施工管理業務をこなしていても給与水準が高い傾向があります。

これは、社会人経験のない人に比べて社会人経験がある人の方が、社会人としての常識やモラル、マナーを身につけていると評価されることが主な理由です。
施工管理の仕事を始める場合、まず、社会人としての行動を身につけなければなりません。

一方、中途採用の人は社会人に必要な基本的な部分を既に身につけていることが多いです。
そのため、施工管理業務を覚えることに専念できます。
その分だけ、新卒社員に対してアドバンテージがあるのです。

もしも中途採用者の前の仕事が同業種だった場合、経験や実績を踏まえてさらに高い給与を得られる可能性があります。

【中途の強み】前職のスキルが活かせる可能性がある

新卒社員に備わっておらず、中途採用者に存在するものが「前職のスキル」です。
例えば工事現場で働いていた経験がある場合、中途採用者はそのスキルを活かすことができます。

新卒者は1から仕事を覚えなければなりませんが、スキルのある中途採用者は早く戦力になるため、前職のスキルを持った人材は会社から重宝されます。

全く関係のない職種から施工管理業務に転職した人の場合、前職のスキルは活かせません。
しかし、施工管理の仕事は現場での仕事以外に、デスクワークも存在します。

前職がデスクワーク系の職業だった場合、そのスキルを何らかの形で活かせるかもしれません。
また、会社によっては営業に近い施工管理業務も存在します。
そういった場合、営業職で培ったスキルが役に立つかもしれません。

さらに、「前の会社では同じ業務をもっと効率的に行っていた」「こうすればより効率的に業務を行える」などの意見が通れば、中途採用者を雇ったことで、会社全体のパフォーマンスが上がります。
こういった理由からも、経験のある中途採用者には充分な強みが存在するのです。

【中途が活躍する】現場で即戦力になれる

企業側が中途採用者に強く求める部分が、「即戦力になれるかどうか」です。
新卒者は基本的に即戦力にはならず、会社は研修などを経て新卒者を戦力になるように育てていきます。

中途採用者の場合、前職が建築業界や工事関連であれば、その経験を活かして現場ですぐに仕事を始られます。

コストのかかる研修などを行わずに、現場を任せることができるので、企業にとって経験のある中途採用者はありがたい存在です。
即戦力を求める企業は多く、スキルと経験次第では待遇の良いところを選べるのも中途採用者の特権です。

同業種からの転職だと悩みが少ない

同じ業種から転職した中途採用者は、施工管理者としての働き方や業務内容がある程度わかります。
その仕事に特有の事情や、ありがちなトラブルなどもあらかじめ知っています。

このため新卒社員に比べると、仕事に対して感じる悩みが比較的少ないです。
また、中途採用者が同業他社でのキャリアを活かし、新卒社員の手助けをすることも可能です。
教育係的な働き方を期待して、経験者を中途採用する例もあるようです。

まとめ

新卒採用者には若さという強みがある一方で、中途採用者には経験や実績という武器があります。
中途採用にしかない働き方があるので、自分の武器を活かして業界で活躍してください。