施工管理・現場監督の求人・転職情報なら|俺の夢|【施工管理の業種】ビルメンテナンスの仕事とは

工事を行う施工管理の仕事と、維持管理を行うビルメンテナンスの仕事は、一見全く違うように思えます。
維持管理を行う中で、施工管理の知識が役に立つこともあります。
施工管理とビルメンテナンスの仕事の関係を見ていきましょう。

ビルメンテナンスの管理とは

ビルメンテナンスとは、簡単に言えばビルを利用する人が快適に過ごせるようにする仕事です。
空調は効いているか、電力は問題なく供給されているか、トイレは快適に使えるかなど、気を配ることはたくさんあります。

多くの場合、それぞれの仕事には専門者が割り振られます。
電気系統のトラブルがあれば第一種または第二種電気工事士が、給湯のトラブルであればボイラー技士などが対処にあたります。
施工管理者の仕事も、このような部分で発生します。
例えば、電気工事の専門家は、電気工事施工管理技士検定に合格した人です。
給水管や換気設備など管の専門家は、管施工事工管理技士です。
ビルの屋上に大規模な空中庭園がある場合は、その庭園の設計に関わった造園施工管理技士であり、維持管理も同じ人が行った方が好都合です。

施工管理の知識がある人は、専門性を買われてビルメンテナンス会社に入社しやすくなります。
実際にビルメンテナンスの会社のホームページを見ると、各種資格の保有者数が公開されている場合があります。
その資格の中には各種施工管理技士検定合格者も含まれており、ビルメンテナンス業界に施工管理技士の需要があることがわかります。

ビルメンテナンスの管理で必要な資格

ビルメンテナンスで有名な資格には以下のものがあります。
・建築物環境衛生管理主任技術者(ビル管理士)
・エネルギー管理士
・第三種電気主任技術者(電験三種)
・ボイラー技士
・第二種電気工事士
・危険物取扱者乙種(4類)
施工管理の資格に絞った場合、ビルメンテナンスで重要視されるのは以下の資格です。

建築施工管理技士
建築工事における施行計画の立案、工程管理や安全管理、品質管理を行います。
1級は建築工事の主任技術者や監理技術者になれ、受注金額の大きな建築工事を受注できます。
2級は中小規模の現場を担当します。
こちらは監理技術者になることはできません。
2級の特徴は、建築、躯体、仕上げの3分野に分かれていることです。すべてを取得するには最低3回受験しなければなりません。

電気工事施工管理技士
建物内の電気配線における施工計画の立案、工程や品質や安全の管理を行います。
1級を取得すると、以下の役割につくことができます。
1.一般建設業の営業所ごとに置く専任技術者
2.特定建設業の営業所ごとに置く専任技術者
3.主任技術者
4.監理技術者
一方、2級の場合は2と4になれません。
また、2級の場合には受注できる工事金額にも制限があります。

管工事施工管理技士
管に関する工事について、施工計画の立案、工程や品質、安全の管理を行います。
管は冷暖房などの通気ダクトや給排水管、ガス管や浄化槽などあらゆるところに使われているので、需要の高い職種です。
1級と2級の違いは、電気工事施工管理技士とほぼ同じです。

ビルメンテナンスの管理系資格の合格率

上記で紹介した試験の合格率は以下の通りです。(2017年の場合。管工事のみ2016年)
建築施工管理技士
1級学科…39.7%
1級実地…33.5%
1級総合(学科×実地)…約13.9%
2級学科…38.7%
2級実地…28.9%
2級総合…約11.2%

電気工事施工管理技士
1級学科…48.0%
1級実地…62.5%
1級総合…約30.0%
2級学科…62.8%
2級実地…40.0%
2級総合…約25.1%

管工事施工管理技士
1級学科…49.0%
1級実地…61.0%
1級総合…29.9%
2級学科…66.2%
2級実地…44.5%
2級総合…約29.5%

ビルメンテナンスの管理の利点

ビルメンテナンスの仕事には関連する分野や資格が多く、様々なことを勉強できます。
資格を取れば資格手当をもらえますし、転職のときにも有利になります。
たくさんのビルをメンテナンスする会社に就職すれば、資格や経験の増加とともに、会社内での地位も高まるでしょう。
また、高齢になっても働きやすいというメリットがあります。
長期的に安定した雇用があるのは安心です。
他の仕事に比べ、比較的人間関係が楽だという声もあります。
職場の問題は人間関係にあることも多いので、この点がクリアできるのも安心な点です。

まとめ

ビルメンテナンスの需要は年々高まっており、人手が足りないところも多いようです。
施工管理技士としてのキャリアはビルメンテナンスの仕事のうえで役に立つので、興味がある人は検討してみてください。