建設業界最大規模の求人ポータルサイト【俺の夢】|現場でのデスクワーク。パソコンに入れておくと便利なおすすめフリーソフト5選

施工管理の仕事は工事現場ばかりではありません。デスクワークも大切です。
そこで、この記事ではデスクワークの業務効率を向上させるために便利なフリーソフトを5つご紹介します。

Everything

大量のファイルをパソコン上で管理していたり、他人のパソコンを扱ったりするときには、「どのファイルがどこにあるのかわからない…」といったトラブルが付き物です。
そういったときにピッタリなのが高速ファイル検索ソフト「Everything」です。
全てのファイルとフォルダのインデックスを作成し、検索が行われたときには条件にあったファイルを瞬時に探し出します。
and/or検索のほか多種類の検索ができるのも魅力の1つです。
正確なファイル名を覚えていなくても、何となくキーワードを入力するだけで必要なファイルが見つかることがあります。
動作が軽くて検索自体も超高速なので、パソコンに入れておくと何かと重宝します。

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/everything/

工事成績マネージャ

国土交通省の採点要領に従って工事成績を算出するソフトです。
監督員、総括監督員、検査員などの評価者の推定評価から、工事成績を算出する「順算」機能と考査項目別評定点から、監督員、総括監督員、検査員など評価者の項目別評価(a〜e)を算出する「逆算」機能があります。
フリー版と製品版があり、フリー版は製品版と同じ機能を30日間無料で試すことができます。
30日を経過しても製品版の1部の機能が使えなくなるだけで、基本機能はそのまま継続して利用できます。
フリー版を使い続けても特に問題はありません。

https://www.wise.co.jp/kojiseiseki/

CPAS_工事写真報告書作成ツール

報告書の作成を支援するツールです。
工事写真の報告書をExcelで簡単に作成できます。
複数の写真を選択して説明文を入力すれば、後はツールを実行するだけで説明文と写真付きの報告書を作ることができます。
作成に時間がかかる報告書をサクッと作ることができるうえに、Excelで出力されるため、細かい箇所を自分で修正しやすいというメリットがあります。

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se495115.html

QuickProjectシリーズ フリー版

工事写真管理、電子納品、出来形管理書類作成、工事成績対策などの機能が利用できる複数のシステムが詰まったソフトのフリー版です。
機能の1つである「QuickProject PhotoManager」では、工事写真を簡単に分類&整理して、印刷や電子納品が可能です。
同時にインストールされる「QuickProject CALS Manager 工事完成図書編」は、国土交通省や農林水産省の電子納品要領などに準拠した電子納品支援ソフトです。
官公庁のルールに則した形で電子納品できるものを作ることができます。
インストールから1年間は製品版と同じ機能を無料で利用でき、1年を過ぎると一部の機能が使えなくなります。
基本的な機能は引き続き使うことができるので、フリー版で問題ない人は製品版を購入しなくても大丈夫です。
なお、先に紹介した「工事成績マネージャ」のフリー版もインストールされます。
こちらは1年ではなく30日間の試用期間なので注意してください。

https://www.wise.co.jp/download/download.htm#qpfree

エクセルらくらく写真台帳

Excelで写真の台帳を簡単に作るためのツールです。
指定したフォルダの画像を一括でExcelに取り込むことができます。
後はExcel上で写真の説明や整理をしていけば、写真の台帳が出来上がります。
写真を1つずつ選んでExcelに貼り付けてサイズを調整して…と言った手間から解放されます。
写真の整理番号も自動的に追加されます。
施工管理の大きな仕事の1つである、工事写真の管理をいち早く済ますことができる優れたツールです。

https://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se490925.html

まとめ

施工管理業務は残業が多いですが、うまくフリーソフトを活用して効率的に仕事を終わらせれば、早く帰って休むことができます。
他にも便利なフリーソフトはたくさんあるので、業務効率化のためにぜひ試してみてください。