施工管理・現場監督の求人・転職情報なら|俺の夢|施工管理もフリーランスで稼ぐ時代?大手へのヘッドハンティングなどの事例もご紹介!

会社に所属せずにフリーランスとして働く施工管理技術者が増加しています。
また、ヘッドハンティングされて年収が上がった事例もあります。
この記事ではそういった年収アップ例を紹介していきます。

建築系人材派遣から大手ゼネコンにヘッドハンティング

大手へのヘッドハンティングで多い事例が、人材派遣会社からの派遣がキッカケというパターンです。
大手ゼネコンなどに派遣され、そこで施工管理技術者としての仕事ぶりが気に入られて「うちで働かないか」と誘われるケースが意外とあるのです。
大手ゼネコンはどこも施工管理技術者が不足しています。
しかし始めから施工管理技術者を雇用すると、万が一その人に問題があったときに損失が発生します。
その損失を避けるために派遣会社を利用するというわけです。
大手ゼネコンは慢性的な人材不足を解消したいので、良い施工管理技術者を見つけたら自分の会社で雇おうと狙っています。
派遣会社から来た施工管理技術者の能力が高いと見込んだら確保に乗り出すのです。
逆に言えば、大手ゼネコンからヘッドハンティングされたい場合は、派遣会社に登録して大手ゼネコンへ派遣されるのを待つという手もあります。
もちろん現場では能力を厳しく見られるので、大手ゼネコンに派遣されたら失敗のないように仕事をしなければなりません。
そもそも大手ゼネコンに派遣されるためには、それ以外の仕事でも失敗しないように実績を積む必要があります。
これらの要件をうまくクリアすれば、ヘッドハンティングされる未来も見えてきます。
一気に収入増が狙えるため、この手に賭けたいという人は努力してみてください。

フリーランスとして活躍

特定の企業に所属せずに、フリーランスの施工管理技術者として収入アップを狙う人もいます。
自分の人脈をフルに活用して様々な企業と契約を結び、施工管理業務をこなすのです。
大抵はプロジェクト単位で契約を結ぶため、正社員のように収入は安定しませんが、実績や能力、そして交渉次第で1回の受注金額を伸ばして稼ぐことができます。
自分を気に入ってくれる得意先を見つけられれば、ある程度定期的な収入が見込めます。
そういった取引先を複数確保できれば、正社員として働く施工管理技術者の収入をあっさり上回ることも不可能ではありません。
また、企業に勤める社員の場合は回ってくる仕事を断る方法があまりありませんが、フリーランスになれば割に合わない仕事を断ることも可能です。
うまく仕事を取捨選択すれば、ワークライフバランスを整えることもできます。
仕事を選べるのはフリーランスの特権と言っていいでしょう。

施工管理技術者のキャリアを活かせばこんな働き方も!

施工管理技術者としての経験やスキルが活きるのは工事現場だけではありませんし、建築会社から仕事を回してもらうことだけが収入の全てではありません。
例えば、キャリアを積んで労働安全衛生コンサルタントの資格をゲットし、さらに収入増を狙う施工管理技術者もいます。
この資格を得られれば安全講習会の講師や社外コンサルタントになれます。
複数の会社とコンサルタント契約を結べば、定期的に収入を得ることができます。
また、施工管理技術者としての知識を活かして建築系専門学校の講師として活動する人もいるようです。
週に数回授業を行い、時給換算で5,000円以上を稼ぐパターンが多く見られます。
資格を持っていれば資格対策講座の講師もできるため、非常に幅広く活動することができます。

まとめ

施工管理技術者をしていると、ヘッドハンティングされることがありますし、フリーランスに転身して稼ぐこともできます。
正社員だけが働き方の全てではないので、自分にあったライフワークバランスを目指しましょう。