建設業界最大規模の求人ポータルサイト【俺の夢】|リフォームの施工管理?どんな仕事内容や求人は

かつて悪徳リフォーム業者などの事件で悪い印象が付いたリフォーム業界ですが、昨今は古民家再生などで脚光を浴び始めています。
実際のところ、リフォームの施工管理とはどのような仕事なのでしょうか?

リフォームの施工管理とは?

リフォームは新築と違い、既存在の建築物に手を加えるのが前提です。
建築物は民家だけではなく、オフィスや飲食店などさまざまな建物を対象とし、需要も多くなってきています。
オフィスのリフォーム専門業者や店舗のリフォーム専門業者など細分化されているのが特徴です。
既存の建築物を対象としているのがリフォームの施工管理の特徴なので、何をどうリフォームするかをクライアントから聞き出し、設計に反映するところから仕事が始まります。
リフォーム計画を提案し、クライアントの同意を得られたら必要に応じて建築物の一部を取り壊す必要があるのもリフォームの特徴です。
取り壊す際に建物を破損させるとクレームの対象になるので、管理側は細心の注意が求められます。
それ以降の基本的な内容や工程は内装工事に準じる部分が多いのですが、既に人が使っている物件に手を加えることも多いので、使用者の利便性を損ねないような配慮も必要です。
これらのことから、リフォームの施工管理は新築物件を作るときとは違う気配りが必要となります。

他の施工管理の現場との違い、どんな求人がある?

リフォームの施工管理は、新しく建物を作る現場の施工管理とは様々な面で異なります。
特にマンションなどの大規模修繕などでは、住民が居住している状態で行う場合があるので、騒音などで迷惑をかけずにスピーディーに作業をするかなども考えなければなりません。
施主に気を遣う部分が多いのがリフォームの施工管理です。
リフォームの施工管理の求人で多く見られるのは、いわゆるハウスリフォームです。
リフォームに補助金を出す自治体もあり、一般住宅のリフォーム需要は高まっています。
実際に仕事が多いのは飲食店などの店舗をリフォームする仕事ともいわれています。
都市部に多い小規模な飲食店は頻繁に開業と廃業を繰り返すため、その都度仕事が発生する関係で需要が多いのです。
リフォーム業者の施工管理は他の施工管理に比べて年収は少し低めになっており、30代で300〜400万円台とされています。
大手ハウスメーカーのリフォーム部門などは年収が高いので、大手が平均値を押し上げているのが現状です。

リフォームの施工管理の現場のやりがい

リフォームの仕事は施主との距離が近くなります。
苦情をもらうこともありますが感謝されるシーンも多くなるため、そういった部分にやりがいを感じる人もいます。
また、既存の物件をどう活かしてリフォームするかを考えることに、新築とは違った魅力を感じている人もいます。

リフォームの施工管理に向いている人

(1)既存の物件の改造や改修を楽しめる人
リフォームは既存の物件をどう直すか、どう手を加えるかなどがポイントとなります。
このため、新築を作ったことがあるベテランの人が、新築とは違う魅力をリフォームに感じて転職してくることは多くあります。

(2)施主とのやりとりを楽しめる人
リフォームの施工管理は施主の要望を汲み取りながら行うため、自然と施主との付き合いが多くなります。
クライアントが何をいいたいのかを汲み取り、どうすれば満足してもらえるのかなどを楽しんで考えられる人は、リフォームの施工管理に向いています。

まとめ

リフォームの施工管理は住宅・店舗・オフィスなど多岐にわたり、それぞれの需要も多くあります。
クライアントとの距離が近くなるため、クライアントの顔を見ながら仕事をしたい人にはおすすめの仕事です。