建設業界最大規模の求人ポータルサイト【俺の夢】|施工管理は儲かる!?年収300万円と1000万円の仕事の違いとは?

施工管理は薄給である、または高給であるという両方の意見があります。
どちらも間違っていませんが、同じ施工管理なのに年収の差があるのを疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
年収による仕事の違いをご紹介します。

施工管理の年収の違いは何が原因?

施工管理業務の年収は300万円から1000万円まで幅広く分布しています。
このような大きな違いが出てくる理由を具体的にご紹介します。

(1)企業による違い
この部分が1番大きな違いです。
大手ゼネコンと小規模企業とでは、経験や勤続年数が同じでも年収に差が出てしまいます。
大手ゼネコンの場合は新卒でも400万円以上の年収で採用しているところが多いですが、小さな会社の場合は新卒未経験だと200万円台という例も珍しくありません。

(2)経験による違い
経験が多くなるに連れて年収も上がっていきます。
施工管理者の平均年収が50代前後でピークとなっていることも、このことを証明していると言えるでしょう。
上がり方は企業によって違い、中小よりも大手の方が上昇する傾向が強いです。
このため、同じ経験年数でも企業による差があります。

(3)役職による違い
役職が高くなるほど責任も大きくなるので、それに伴って年収も増えます。
ただし、ここでも企業による差は大きく、大手の主任クラスと中小の部課長クラスが似たような年収になることもよくあります。

(4)プロジェクトの規模による違い
関わったプロジェクトが大きいと、年収が上がりやすくなる傾向が見られます。
小さな案件を数多くこなしても年収は上がっていくのですが、中小企業の場合は案件数の割に年収が伸びないようなことも見られます。

(5)資格による違い
資格手当で年収が変わります。
手当がなくても、資格があれば職能給がプラス査定されるのです。
年収が低いうちは、収入全体のうち資格手当の割合が意外と大きいかもしれません。
しかし、年収800万円以上になると資格手当を「誤差の範囲」としか感じなくなる人もいるようです。

年収300万円の人の仕事内容は?

年収300万円の施工管理者は、まだ見習いといったレベルです。
経験のある人のサポートに回って業務をこなしながら仕事内容を吸収していく段階でもあります。
雑用などを任されることも多く、意外と自分の仕事以外のことに時間を取られてしまうこともあります。
場合によっては小さめのプロジェクトを1本任せられるか、大きなプロジェクトの中の一部分を担当させてもらえることもあります。
任された仕事を問題なくこなすか、多少の問題が表面化しても無事に解決できれば、能力を認められて年収に反映されていきます。

年収1000万円の人の仕事内容は?

当然ながら、年収300万円の人に比べて広範囲かつディープな業務内容となります。
大きなプロジェクトを掛け持ちすることもあり、何人かの施工管理者を取りまとめる総責任者としての仕事も増えてきます。
プロジェクトが大きい分、チェック項目が多岐にわたりますし、作業する人員も多くなります。
関係各所から毎日上がってくる課題や問題点を迅速に処理しながら同時並行的に業務をこなす手腕が求められます。
年収300万円程の人の指導的立場になる場合もありますが、むしろそういった役割は年収400〜500万円規模の人が担当することが多いです。
年収1000万円ともなると、新人の指導よりも遥かに責任も規模も大きい所長として仕事をこなすのが一般的です。
担当しているプロジェクトが失敗すると会社に損害が発生することもあるので、そういったプレッシャーと戦いながら毎日の業務をこなさなければならないのが年収1000万円の世界といえます。

まとめ

同じ施工管理でも、年収300万円と1000万円では仕事内容が大きく違います。
事業規模や責任の範囲も全く違うので、転職の際は年収だけでなく業務内容にも注目しましょう。