建設業界最大規模の求人ポータルサイト【俺の夢】|人気上昇中の施工管理業務!向いているのはどんな人?企業が欲しがるのはどんな人?

施工管理とは、建設現場で品質・安全・スケジュールを管理しながら全体を調整する監督業です。近年この業種の人気が高まっています。
本記事では施工管理業務の魅力や、施工管理業務に就きたい人のために適性や採用されやすい人の傾向などを紹介していきます。

今、施工管理業務がアツい!

東京オリンピックを控え、東京では既に建築ラッシュが始まりました。地方では老朽化して耐用年数の過ぎた建築物の補修や建て替えなどが頻繁に行われています。日本各地で建築業の需要は高まっているのです。
建築業界における人手不足は深刻で、大手ゼネコンでも施工管理業務を担当する人を外注してやりくりしている状態です。
施工管理業務に関する知識や技能は一朝一夕で身につく代物ではありません。そのため、経験と実績のある施工管理者は現在非常に需要があり、就職や転職に関しては「売り手市場」とも言える人気を博しています。転職サイトを閲覧すれば、高条件の求人が並んでいるのがひと目でわかるでしょう。
施工管理業務は激務ですが楽しさややりがいもあります。適性があれば高い年収を得ながら働いていくことも可能な魅力的な職種なのです。

施工管理業務に向いている人は?内定をもらいやすい人は?

(1)向いている人
・コミュニケーションに長けた人
施工管理業務では、作業者である職人達を取りまとめる必要があります。クセの強い職人から信用を得るには相当のコミュニケーション能力が必要となります。
クライアントとの打ち合わせが多いのも施工管理者の特徴です。相手の要望を的確に把握し、自分の意見をしっかり伝える能力が不可欠となります。

・リーダーシップのある人
施工管理の担当者が自信なさげに指揮を取っているようでは現場の作業員は不安になってしまいます。一定のリーダーシップを発揮し、指揮監督者にふさわしい態度で勤務しなければなりません。

・計画性のある人
多くの人が働く建築業務では正しい計画の立案が大切です。計画を立て、それに沿って行動するのが好きな人には適正があります。

・危機管理能力を持っていること
事故を防ぐために工事上の安全管理は大切です。危険な箇所を的確に見極めて改善する注意力や慎重さがなければ、重大事故の予兆を見落としてしまうかもしれません。

(2)内定をもらいやすい人
・経験がある
やはり経験者は優遇されます。実績が多ければ転職もしやすいですし、年収に反映されてきます。

・資格を持っている
施工管理関係の資格を持っていれば、持っていない人よりもかなり有利になります。
試験は難しいですし受験資格もあって申込み自体にハードルがありますが、合格すれば内定をもらいやすいうえに資格手当などで年収もアップします。

施工管理の仕事のやりがいとメリット

(1)メリット
・安定性がある
建築の仕事は新規だけではなく、老朽化した物件の建て替えなどもあります。建築の需要がなくなることは考えづらいため、施工管理の需要も安定して募集があります。

・給料が良い
施工管理者の給料は建築業界の中では高い方に分類されます。
建築業務に置ける重要度と責任の重さから、高い給料が保証されているのです。

(2)やりがい
・大きな「ものづくり」を実行できる
建築物は「ものづくり」の中でも最大級のものです。それだけに、完成したときの喜びもひとしおです。

・成果が目に見えてわかる
施工管理の成果はわかりやすい部分が多いのが特徴です。工期の遵守や事故の数などは代表的な例でしょう。工事確認の点数が高ければ金一封を出す会社もあります。成果に応じた報酬が存在するのは魅力的です。

まとめ

施工管理者は建築工事の中でも重要な位置を占めており、やりがいやメリットも多い仕事です。
経験者や資格保持者が優遇されますが、それらがなくても見習いから始めてキャリアを積み、将来高収入を得ることも可能です。興味がある人はチャレンジしてみると良いでしょう。