施工管理・現場監督の求人・転職情報なら|俺の夢|仕事の幅が広い!施工管理って何?

施工管理とは、施工の計画から現場の管理までを幅広く担う仕事です。
専門性の高い仕事であり、国家資格を保有した人材が担うことになっています。
施工管理の基礎知識や、国家資格である施工管理技士について、さらには施工管理に求められる能力や適正をご紹介します。

施工管理の基礎知識

施工管理とは、建設工事の現場に関する管理業務を行う仕事です。
現場作業を行うわけではなく、現場工事の計画から施工時の監督まで、多様な業務を担っています。
建設現場だけでなく電気工事や土木工事などの現場でも、施工管理は必要です。
具体的な業務内容としては、まず施工計画の作成から始まります。
関係者と協議しながら、施工プランや予算などを含めて施工計画の書類を作成する業務で、デスクワークが主となります。
また、施工が開始してからも、施工や現場スタッフのスケジュール管理や安全管理、形状や寸法・強度などの品質管理を行ったりと、スムーズに施工が進むためのサポート業務を行っていきます。
規模が大きくなると、施工管理が1人では足りなくなるため、複数名で担当する現場もあります。
このように施工管理の仕事は、工事を安全に計画通り進めるためには欠かせない職業です。

施工管理技士とは?

施工管理の業務を行うためには、施工管理技士という国家資格を取得する必要があります。
施工管理技士は、建設業法によって定められた資格であり、施工管理技術検定を受けることで取得できます。
ただし、受験にあたっては実務経験が必須とされ、まずは現場での実務を積んでからの受験です。
施工管理技士と一言に言っても、実際には携わる工程によって資格が分かれているため、どの工程管理を担当するかによって取得する資格も変わってきます。

【それぞれの施工管理の資格】
・建設機械施工技士
・土木施工管理技士
・建築施工管理技士
・電気工事施工管理技士
・管工事施工管理技士
・造園施工管理技士

各資格には1級と2級があり、1級だと監理技術者や特定建設業の営業所ごとの専任技術者に、2級だと現場ごとの主任技術者や一般建設業の営業所の専任技術者になれます。

施工管理に求められる能力とは?

施工管理では施工前の計画作成や、現場でのスケジュール管理、安全管理、品質管理が最重要です。
コストに見合った施工計画を立て、現場関係者と連携しながら、安全確保、進行管理表通りに品質を維持するための管理など、マネジメント能力が求められます。
これは、単に周囲の人々と円滑にコミュニケーションするだけではありません。施主や設計者、近隣住民、下請けや現場の職人など、さまざまな立場からなされる主張を聞き、ときに施工管理者側からの主張も伝えつつ、トラブル解決やよりよい施工環境を目指すことが重要です。
要望を聞いてばかりでは工期の遅れや品質管理の損失につながってしまう可能性もあるため、いかに折り合いをつけ、利益増大を目指すかが鍵になります。
そのため、コミュニケーション能力や問題解決能力などを含めた高いマネジメント能力が求められるのです。

施工管理の仕事に対する適正について

施工管理の仕事は、会社の利益や損失と直結します。
また現場の規模が大きくなるのと比例して責任も大きくなります。
契約で決められた期間内に施工を終わらせなければ、契約違反になってしまうので、現場で生じるさまざまなトラブルを解決しながらスムーズな施工を進めなければいけません。
このように、まずは責任を持って工程管理できるかがポイントとなります。
また、施主や設計者、近隣住民、職人などあらゆる人と円滑なコミュニケーションを行わなければいけないため、誠実で粘り強い人格が求められます。
関係者への対応だけでなく、上長への報連相なども素早く対応する臨機応変さも大切です。

まとめ

施工管理の仕事は、施工の計画から現場での作業までをトータルで管理する仕事です。
施主や設計者、近隣住民の要望に応えつつ、職人の安全を確保し、会社の利益を最大限に伸ばすことが求められます。楽な仕事とはいえませんが、建物が完成したときの達成感はこの上ありません。建築業界の経験がある方はぜひ施工管理を目指してみてはいかがでしょうか。