MENU

建築業界は健康が第一!健康を守るための栄養素【タンパク質編】

建築業界は体を使う仕事のため、健康が第一とされています。
そのためには、バランスよく栄養素を摂取することが大切です。
今回は様々な栄養素の中で「タンパク質」に焦点を絞ってご紹介します。
タンパク質はなぜ体にとって必要なのか、何を食べれば摂取できるのかなどを調査しました。

タンパク質はなぜ体に必要なのか?

タンパク質とは、アミノ酸がペプチドと結合して生まれた栄養素です。
タンパク質は、代謝を調整してくれる機能をもっています。
またタンパク質に含まれるアミノ酸は、神経伝達物質やビタミンなどの重要な栄養素の前駆体となっているとされています。
さらに酸化してからでも、エネルギーとして利用されるのが特徴です。
このことから臓器、筋肉、皮膚、髪の毛や爪など、健康な体を構成するためには欠かせない栄養素といえます。
そのためタンパク質が不足すると、体が疲れやすくなったり、筋肉量が減ったり、集中力や思考力が低下したりします。
仕事でもミスが増えてしまい危険な状態になるので、建築業界の健康管理には欠かせない成分です。
そんなタンパク質は食事から補給する必要があります。
ではどんな食材にタンパク質が豊富に含まれているのでしょうか。

タンパク質が豊富に含まれる食べ物とは?

タンパク質は食事から摂るのが一般的なため、偏食をしたり、夏バテなどで食事量が減ってしまったりすると不足してしまうことがあります。
一般的な成人男性の1日のタンパク質摂取量は、 0.65 g×体重とされています。
肉体労働の多い建築業界の作業員はもっと必要ともいわれています。
そこで積極的にタンパク質が多く含まれる食品を摂取するようにしましょう。
タンパク質は牛乳、納豆、ツナ、鶏むね肉、サケ、牛肉、豚肉、卵、豆腐などに豊富に含まれています。
肉類の場合、なるべく赤身の部分を選ぶことでタンパク質を多く摂取できます。
どうしても日々の食材から必要量のタンパク質を摂取できないという方は、食事にプラスしてプロテインの摂取がおすすめです。
プロテインは、カロリーや脂肪などを抑えて純粋にタンパク質だけを摂取できます。
もちろんプロテインだけを飲んでいては体に必要な栄養素が足りなくなってしまうので、必ず食事にプラスして取り入れるようにしましょう。

タンパク質を意識的に摂取して健康管理を

建築業界の方は特に健康第一です。
タンパク質は、筋肉、臓器、髪、爪などの健康を維持する上では欠かせない栄養素です。
足りなくなると集中力や筋力の低下を招いてしまう可能性があります。
意識的にタンパク質を取り入れて、健康管理を行いましょう。