MENU

【あれ老眼?】中年現場監督が老眼になったら行うべきこと

自分が老眼かどうかチェックしてみて、老眼の疑いが強いようであれば、早めに対策を講じておくのが望ましいです。
近くが見えづらいと感じたら、我慢せず老眼鏡を使用しましょう。
サプリメントを飲んでみるのも良いかもしれません。
ここでは、老眼対策として簡単にやれることをいくつか紹介していきます。

目の筋肉を鍛えるためのトレーニング

中年以降の年齢になると、程度の差はあってもほとんどの人が老眼になってしまいます。
老眼を完全に防止するのは難しいですが、ある程度の予防は可能です。
目の筋肉のトレーニングをしてみましょう。
簡単にできる目のトレーニングとしては、眼球を動かすトレーニングがあります。
上下左右と斜めの8方向のいずれかに眼球を動かし、右回りに移動させていきましょう。
最初に上方向に動かしたら次は右上、その次は右といった具合です。
右回りの次は左回りでも同じようにやってみましょう。
1日に右回りと左回りを3~5回ずつやると、目の筋肉の良い運動になります。
普段はあまり使うことのない筋肉を刺激できるでしょう。
もう1つ簡単にできるトレーニングがあります。
近くと遠くに焦点を合わせるトレーニングです。
まず腕を伸ばした状態で親指を立てて、その親指に1秒間焦点を合わせてみましょう。
次にもっと遠くの物に1秒間焦点を合わせます。
これを交互に繰り返すだけです。
焦点を合わせるときには強く凝視するようにします。
毎日30回程度やってみるといいでしょう。

全身の体調を整えると目の調子も良くなりやすい

目を働かせているとたくさんの血液が目に集まります。
それだけ目でエネルギーを使うことを意味し、全身の体調の良し悪しが目の調子にも影響を与えることが多いです。
まず、十分な睡眠を取るようにしましょう。
睡眠不足の状態が続くと、疲れが取れにくくなり、目の調子も悪くなりやすいです。
食生活も大切です。
現場監督の仕事は忙しいため、夜はコンビに弁当ばかり食べているという人も多いかもしれません。
栄養が偏ると目にも悪い影響を与えてしまいます。
なるべく栄養バランスの良い食事を心がけましょう。
特に緑黄色野菜は不足しないようにするのが望ましいです。
他にストレスをためすぎないことや、軽い運動をすることなども良い対策になります。

目のトレーニングは短時間で済むので毎日行おう

目の筋肉のトレーニングをしてみたり、生活習慣を改善してみたりすることで、老眼予防に繋がる可能性があります。
目のトレーニングは時間もほとんどかからないため、老眼の兆候が出てきたら実践してみましょう。
そして、見えづらいと感じたら無理をせず老眼鏡を使うようにすることが大切です。