MENU

【中高年になったら気をつけたい】冬に多い命に関わる病気<ノロウイルス編>

ノロウイルスは、その感染力の高さと症状の辛さから、感染すると仕事に穴を開けることになりますし、あまり知られていませんが乳幼児や中高年には命にも関わる病気でもあります。
中高年も多い現場での集団感染を避けるためにも、現場監督には正しい知識が必要です。
今回はノロウイルスについてご紹介します。

ノロウイルスとは

ノロウイルスとは、冬に流行する感染性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種です。
一般的には、「ノロウイルス」と言うと、そのウイルスそのものというより、病名として使われることも多いようです。
ウイルスとしてのノロウイルスは、人の小腸粘膜でぞうしょくするウイルスで、主に11月から3月にかけて胃腸炎を引き起こします。
100個以下の少量のウイルスでも発症し、感染力が非常に高いウイルスで保育園や高齢者施設などで集団感染を引き起こす可能性が非常に高いのが特徴です。

ノロウイルスの潜伏期間と症状

ノロウイルスは、1日から3日ほど体内に潜伏し、その後あらゆる症状を引き起こします。
一般的には、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛など。
発熱はそこまで高くならないのが一般的です。
基本的には、1日から2日で症状は改善されます。

ノロウイルスの感染経路と予防法

ノロウイルスの感染経路とは大きくわけて2種類あります。

1 人から人への感染

ノロウイルスに感染している人からの感染です。
感染者の嘔吐物や便の中には大量のノロウイルスが含まれています。
こういったウイルスを触れてしまった後、その手が口に触れて感染したり、吐いた際に飛散したウイルスから飛沫感染したりすることがあります。
予防するには、感染している可能性のある人の吐瀉物には素手で触らない、吐いた跡は塩素系漂白剤で漂白する、日々の手洗い・うがいの徹底も大切です。

2 食品から人への感染

よく、「牡蠣を食べたら当たった!」と言う声を聞きますが、その原因はノロウイルスです。
充分に火を通していない牡蠣など、二枚貝を生で食べると感染のリスクがあります。
予防するには、生の牡蠣を食べない、ということ。
厚生労働省によれば、「中心部が80〜90℃になってから90秒加熱すると大丈夫」とされています。
注意したいのは、「90秒加熱すればいい!」ということではない点です。
「中心部が80〜90℃になってから」なので、例えば牡蠣鍋であれば8分以上加熱する必要があると言われています。

ノロウイルスに負けない現場を

一度でも感染したことがあると、「もう二度とあんな思いは・・・」と思う病気の一つが「ノロウイルス」。
あの症状の辛さは実際にかかった人にしかわかりません。
とにかく現場では手洗い・うがいを徹底し、感染の可能性がある作業員にはすぐに医療機関を受診させる必要があります。