MENU

【現場監督の悩み】冬に良く起きるしもやけ<対策編>

冬になりやすいしもやけは、一度なってしまうとむずがゆくとても気になりますよね。
そのせいで作業に集中できなければ仕事の効率が落ちてしまいます。
しもやけで悩まないためにもまず対策が大事です。
しもやけにはどんな対策が有効なのかをご紹介します。

しもやけにならないためには

しもやけの対策としては体を冷やさないようにすることが大切です。
末端がしもやけになりやすい方は、靴下や手袋、耳当てなどで保護します。
また体の中心部も温めましょう。
カイロなどを貼り、お腹周りや腰を中心に温めます。
また温かい飲み物を飲んだり、体を温める食べ物を食べたりするのもおすすめです。
血液は体の中心部に集中しているので、ここを温めることで効率的に体全体を温められます。
また冬だからといって全体を締め付ける服装は避けましょう。
特に脱いだ後にくっきり跡が残っていたら要注意です。
締め付ける服装は血行不良を引き起こすため、しもやけになりやすくなります。
外出時に避けることが難しい場合は、自宅ではゆったりとした服装を心がけましょう。
またサイズの合っていないきつい靴は血行不良の原因となります。
そして手足が濡れた場合はしっかりと拭き取りましょう。
お風呂上りなども要注意です。
汗は体温を奪い、冷えの原因となるため、こまめに対策を行います。

マッサージで血行促進

しもやけは血行不良によって引き起こされます。
そのため冬は湯船にしっかりとつかって体を温めたり、手足をもみほぐすようにしっかりとマッサージをしたりしましょう。
仕事中でも、気づいたらマッサージやこまめに体を動かすことが、血行促進の鍵です。
さらにしもやけになりやすい方は食事にも気をつけましょう。
積極的に取りたい栄養素はビタミンEとタンパク質です。
ビタミンEは、末端の血管を広げてくれる働きがあるとされています。
卵黄、植物性油、アーモンドなどに多く含まれています。
タンパク質は熱エネルギーの素となる栄養素です。
大豆製品や魚、牛乳などに多く含まれています。
冬にしもやけになりやすい方は、秋ごろから春先にかけて、これらの栄養素を積極的に摂取するのがおすすめです。

日頃からのケアが大切

しもやけ対策には日頃からのケアが大切です。
特にしもやけになりやすい末端部分を冷やさないようにしましょう。
また普段から体を温めるような服装をしたり、マッサージをしたりして、血行を良くすることが大切です。
濡れた場合はすばやく拭いて蒸れないようにします。
温度差のある室内と外を出入りする時は汗をかきやすいので、こまめに汗を拭き取るようにしましょう。