MENU

パラペットとは!?役割やメンテナンス方法

パラペットとは、建物の平らな屋上やバルコニー等の外周部に設置された手すりのような部分を指します。
「胸壁」「手すり壁」「扶壁」などとも呼ばれています。
マンションやデザイナーハウスなど、鉄筋コンクリート造の屋上やバルコニーなどに用いられることが多いです。
墜落防止や屋根スラブと壁面の接合部の防水効果を高める効果も期待できます。

本記事では、パラペットの概要や役割、メンテナンス方法などを紹介します。

パラペットとは

パラペット

パラペットとは、立ち上げた壁(手すり壁)のことを指します。
平らな屋上やバルコニー等の外周部に設置されることが多いです。
高さは場所によって10~150センチと幅があり、用途によって変えられます。
陸屋根式の住宅や注文住宅、デザイナーズハウス等で用いられています。

パラペットがある主な屋根の形状

パラペットは主に陸屋根などで設置されますが、それ以外の形状の屋根にも設置可能とされています。
ここではパラペットを設置する主な屋根の形状について解説します。

陸屋根
陸屋根は、風向きによってさまざまな場所に溜まった水が流されます。
パラペットが無いと外壁に雨水がかかることが多いため、外周すべてに設置されることが多いです。
陸屋根のパラペットの内側には、雨水を溜めるために排水溝が設けられます。

片流れ屋根
片流れ屋根は、屋根の下端の軒に雨樋があるため、3方向にパラペットを設けることが多いです。
パラペットの内側の雨は、屋根の面に沿って雨樋へと流れます。

切妻屋根
一般的な住宅の屋根である切妻屋根にもパラペットを設置できます。
3方向に設置され、コの字型になることが多いです。

パラペットの構造・役割

パラペットは一般的に、鉄筋コンクリート造の建物の屋上やバルコニー等に用いられています。
木造住宅ではほとんど見られません。
墜落防止や、スラブと壁面の防水効果を高めて補強する目的等で設置されることが多いです。

さらに天板からの防水効果を高めるため、パラキャップと呼ばれる金属製の笠木が施される場合もあります。
これらは板金笠木等と呼ばれています。
この笠木によって、雨水が内部にまで入り込まないようになります。

パラペットのメンテナンス

パラペットのメンテナンス

パラペットは、雨漏りをしやすいのでメンテナンスが必要になります。
雨漏りの原因となるのが、排水口や笠木等です。

排水溝
陸屋根に振った雨は、わずかにつけられた勾配を伝って排水溝に集まります。
このため排水溝や周辺には、雨水や泥、ゴミなどが集まりやすく、劣化も進みやすいとされています。
また詰まりも起こりやすいので、それが原因となり雨漏りが起こる可能性もあるのです。

笠木
パラペットに取り付けられている笠木は、防水機能が施されているものが多いです。
しかしそれでも経年劣化は起こります。
たとえばビス穴や継ぎ目などから漏水し、雨漏りに繋がる可能性があるのです。
定期的なチェックやメンテナンスが欠かせません。

箱樋
パラペットの内側に設けられている箱樋が詰まると、水溜まりのように水が溜まってしまいます。
そうしてあふれ出した水が原因で雨漏りすることもあります。
この樋部分はパラペットがあるためあまり見えない部分です。
そのためチェックしづらい部分といえるでしょう。

サッシ
陸屋根等に設置されているパラペットは、外壁をそのまま垂直に伸ばしたものが多いです。
そのため軒が無く、外壁やサッシにかかる雨水の量も多いため傷みやすいとされています。
このため、ひび割れ等が無いか定期的にチェックする必要があります。

さまざまな場所で発生する原因により雨漏り等のトラブルが起こる可能性があります。
このため定期的なメンテナンスが欠かせません。

メンテナンス方法

パラペットは、定期的にメンテナンスを必要とする部分が複数あります。
特に笠木、排水溝、箱樋は必ず点検したい場所だとされています。
では、具体的にどのようにメンテナンスしていけばよいのでしょうか。

排水溝
排水溝のメンテナンスは、基本的に陸屋根の防水工事とほぼ同じとされています。
表面に塗られているトップコートは、5~7年ごとに塗り替えるのがおすすめです。
防水工事は劣化の具合に合わせて主に以下のような処理を行います。

1.シーリング処理
排水溝周辺は、排水溝からパラペットが立ち上がっているので、亀裂などが起きやすい場所です。
その場合、シーリング処理を行い補修する場合もあります。
二次被害が無ければ、パラペットと屋上の防水層の隙間を補修するだけで完了します。

2.下地の補修
下地が浮き出したりはがれてしまったりした場合、段差ができてスムーズな配水ができなくなります。
その場合、基本的に屋上全体の防水工事をやり直す場合が多いです。
防水シートを全体的・部分的に貼り替える場合もあります。

笠木
笠木は直に紫外線や雨を受ける場所のため、最も傷みやすい部分とされています。
そのため、以下のような定期的なメンテナンスが必要です。

  • 塗装
  • 継ぎ目のコーキング補修
  • 交換

メンテナンスの際に大きな傷や穴などが見つかった場合、笠木そのものの交換が必要になる場合もあります。
笠木だけでよい場合もあれば、笠木・胸壁・外壁・下地などを丸ごと修理しなくてはいけない可能性も考えられます。
そうなるとかなりのコストや手間、時間がかかるので定期的にメンテナンスを行いましょう。

胸壁
笠木の下の壁は胸壁と呼ばれます。
この部分は笠木の不具合の影響を受けたり、壁自体が劣化したりする可能性があります。
そのため防水性を保つには、定期的な塗装が必要です。

またひび割れなどが発生した場合は、埋めたり張り替えたりして補修をしなくてはいけません。
窯業系サイディング等では、目地のシーリングの打ち替えなども必要とされます。

箱樋
パラペットの内側にある箱樋は見えづらいため、トラブルが多いとされている場所です。
この部分に飛んできた落ち葉などのゴミが溜まることが多く、詰まってしまうことが多いのです。

また落ち葉が腐食しそれに雨水が混ざるとアルカリ性になり、それが雨樋を腐食させる可能性があります。
これらを防ぐため、定期的に塗装を行いましょう。

腐食が進んでいる場合は、早めに交換します。
雨樋などの素材はトタンなどが使われることが多いですが、近年では耐久性や素性を考えてガルバリウム鋼板などが使われることも多いでしょう。

パラペットの改修工事

パラペットは屋根に設置されますが、改修工事は板金工事業に分類されることが多いです。
屋根工事業は日本瓦を中心とした屋根を取り扱う工事で、板金工事業は主に金属板を加工する工事です。
このため、パラペットの改修工事は板金工事業の許可証が必要になるので注意しましょう。

パラペットのメリット・デメリット

パラペットのメリット・デメリット

ここではパラペットの主なメリットやデメリットについて紹介します。

メリット

転落防止
屋根やバルコニー等にパラペットを設けることで、人や物の転落防止に役立ちます。

排水することで外壁の劣化を防ぐ
傾斜のある屋根の場合、雨は自然に地面まで流れていきます。
しかし陸屋根の場合は、パラペットが無いと雨水が外壁を伝ってしまいます。
雨水は酸性のため、触れるほど劣化してしまうのです。

また垂れ流しになった雨水によって外壁に跡がついてしまうと、見た目も損なってしまいます。
パラペットがあると、きちんと雨どいを伝って排水できたり、泥水の排水をせき止めたりすることが可能です。

防水層を形成できる
屋上で防水層を形成するには、パラペットの立ち上がりが必要とされています。

デザイン性を高められる
特に店舗などでは、デザイン性を高めるのに役立つとされています。
たとえば外壁に看板を取り付ける際に、パラペットがあると便利です。
パラペットによって屋根が見えなくなるので、生活感をなくすこともできます。
特に住宅兼店舗の形態をとる住宅では、パラペットを採用する場合も多いとされています。

デメリット

笠木からの雨漏り
パラペットの笠木は雨水が侵入しやすい部分です。
そのため雨漏りの可能性が高くなります。

特に強い雨が降った時は、雨水が笠木の隙間に侵入する可能性が高いとされています。
パラペット内部や防水シートまで雨水が侵入してしまうと、白アリが発生してしまう可能性もあるのです。
そのためこまめなメンテナンスを行いましょう。

箱樋が劣化しやすい
パラペットにある立ち上がり部分と屋根スラブの接合部分は「箱樋」と呼ばれます。
ここは屋上の雨水やゴミを集める部分なので、劣化しやすいといわれています。
内樋が金属製の場合、落ち葉などが溜まるとサビが発生してしまう可能性があるのです。
そのため定期的に清掃やメンテナンスが欠かせません。

コストがかかる
パラペットと通常の屋根は、使用する部材が異なります。
このため、雨漏りが起こった場合、まずどちらが原因なのか突き止める必要があります。

またパラペット工事業と屋根工事業も性質が違うため、注意が必要です。
パラペットの修理は屋根工事業の業者では対応できないこともあるため、発注した工事が板金工事会社への二次請けになりコストがかかる場合があります。
このためパラペットの修理を行う際には、できるだけコストがかからない方法を顧客に提示する必要があるでしょう。

メンテナンスと工事でパラペットを綺麗に保ちましょう

パラペットは転落防止や防水層の形成、デザイン性の高さなどさまざまなメリットがあります。
しかし雨漏りなどのトラブルも起きやすいことから、定期的なメンテナンスが必要です。
メンテナンスを行わないと、防水工事のやり直しや、パラペットの取り替えなど大掛かりな工事が必要になる場合があります。
そのため常日頃からメンテナンスが必要なことを、施工管理技術者は顧客に伝える必要があるでしょう。

パラペット工事など、建設業界への転職に興味のある方は、ぜひ業界最高水準の給与額の求人を多数掲載している「俺の夢」にご相談ください。

俺の夢 for MAGAZINE