MENU

鉄筋工事の能力評価基準について:施工技能職種の共通評価項目「配筋図・加工帳作成」

能力評価基準とは、人材育成や能力開発、人事評価、採用活動に活用される基準です。
本記事では、鉄筋工事業の施工技能職種すべてに共通する「配筋図・加工帳作成」の能力評価基準について紹介します。

出典:厚生労働省「05_鉄筋工事業/共通能力ユニット(配筋図・加工帳作成)

評価の概要

鉄筋工事業とは、骨格主体を施工する工事業のことです。
ここではレベル別に評価の概要についてご紹介します。

レベル3
自ら配筋図や加工帳を作成できる。
また作業者が作成したものを精査して、修正や変更等を指示できる。

レベル4
大型工事や特殊工事、難易度の高い施工等に対応した配筋図や加工帳を作成できる。

「配筋図・加工帳作成」の評価基準レベル3



ここではレベル3の評価基準を紹介します。

能力細目と職務遂行のための基準
〈配筋図・加工帳作成〉
・配筋図や加工帳を作成する際、設計図書に基づいて、配筋の重要ポイントや気が付いた点等を顧客と協議して作成に反映している。 

・設計図書に基づいて、配筋図や加工帳の基本原案を作成できる。
また具体的な作図については作業指示を出している。

・作業者が作成した配筋図や加工帳について、加工形状や数量などを精査できる。
また疑問点や効率の良い別の工法などがあった場合は作業者に検討させて修正させ、結果を再確認できる。

必要な知識

  • 鉄筋加工に関する法令や諸規定の知識
  • 鉄筋加工方法に関する知識
  • 構造物一般に関する建築構造の知識

「配筋図・加工帳作成」の評価基準レベル4



ここではレベル4の評価基準をご紹介します。

能力細目と職務遂行のための基準
〈配筋図・加工帳作成〉
・配筋図や加工帳を作成するにあたり、設計図書(施工図等)に基づいて、配筋の重要ポイントや気が付いた点等を顧客と協議して作成に反映できる。

・設計図書に基づいて、配筋図や加工帳の基本原案を作成して、具体的な作図については作業指示を出せる。

・加工の順序や運搬方法等を考慮した配筋図や加工帳の作成を指示・指導できる。
技術・技能の向上やコストダウン等を目指す経済的な工法への対応等にも挑戦して、利益の向上を図れる。 など

必要な知識

  • 鉄筋加工に関する法令や諸規定の知識
  • 鉄筋加工方法に関する知識
  • 構造物一般に関する建築構造の知識

人事評価等に使用される基準

職業能力評価基準は、人事評価等の基準として使用されています。
鉄筋工事業のような建設業界に興味のある方は、ぜひ経験者募集の求人を掲載している「俺の夢」までご相談ください。

俺の夢 for MAGAZINE