MENU

鉄筋工事の能力評価基準について:施工技能職種の共通評価項目「作業管理」

能力評価基準とは細かく項目を定めることで、人材育成や能力開発、人事評価、採用活動に活用される基準です。
本記事では、鉄筋工事業の施工技能職種すべてに共通する「作業管理」の能力評価基準について紹介します。

出典:厚生労働省「05_鉄筋工事業/共通能力ユニット(作業管理)

評価の概要

鉄筋工事業とは、建設物構築要素の骨格主体を施工する工事業のことです。
ここではレベル別の評価の概要についてご紹介します。

レベル1
職長から指示されたことを理解し、作業手順に基づいて作業を実施できる。

レベル2
打合せで分担した仕事を作業手順に基づいて正確に実施できる。
「サブ」は職長の補佐として、率先して作業管理を行い仕事を推進できる。

レベル3
・現場管理
作業管理(QCDS)を主体的に実施するよう指示できる。
また変更や問題点等を施工管理職と打合せて顧客等と対処できる。

・施工技能
複雑、特殊な作業等において品質、工程、安全、環境等を遵守し、作業を遂行できる。
作業管理における問題点の解決を職長に助言できる。

レベル4
複数の作業班を統括して作業管理(QCDS)を指示して実施できる。
変更や問題点等を施工管理職と打合せ、顧客と折衝したり、他職種業者との調整ができる。

「作業管理」の評価基準レベル1・2



ここではレベル1と2の評価基準を紹介します。

レベル1

能力細目と職務遂行のための基準
1.工程管理
職長や先輩等から説明を受けている作業工程のうち、本日分の自分の作業と役割を意識できる。など

2.環境・安全管理
送出し教育や新規入場者教育、健康診断等を受け、職場に迷惑をかけないようにしている。 など

3.品質管理
職長からの説明により元請・下請役割分担の取極内容をほぼ理解できる。 など

4. 材料・器具・工具の管理
鉄筋材料、器具、工具類を手順通りに整理、保管している。 など

必要な知識

  • 安全衛生に関する知識
  • 作業管理に関する知識 など

レベル2

能力細目と職務遂行のための基準
1.工程管理
作業工程を見て自分の作業と役割を確認し作業を実施している。など

2.環境・安全管理
作業標準を遵守して、不安全行動やヒヤリ・ハット等の芽を摘取る安全確認をし、後輩の範となるよう行動で示せる。 など

3.品質管理
施工品質上の不具合や、図面との食い違い等があれば職長に報告している。 など

4. 材料・器具・工具の管理
鉄筋材料の管理については経験を基に、品質を損なわないよう適切な集積方法や養生を実施している。 など

必要な知識

  • 安全衛生に関する知識
  • 作業管理に関する知識 など

「作業管理」の評価基準レベル3・4



ここではレベル3と4の評価基準をご紹介します。

レベル3 現場管理

能力細目と職務遂行のための基準
1.工程管理
工期が遅れないよう工程計画の調整を検討している。など

2.環境・安全管理
KY活動に全員を参加させて作業者全員が積極的に発言するように配慮している。 など

3.品質管理
作業手順書どおりの作業かチェックして、結果を確認している。 など

4. 材料・器具・工具の管理
顧客へ追加届出の必要な持込機械や道具等の事項は会社へ依頼して届出をしている。 など

必要な知識

  • 安全衛生に関する知識
  • 作業管理に関する知識 など

レベル3 施工技能

能力細目と職務遂行のための基準
1.工程管理
作業工程を見て自分の作業と役割を確認し作業を実施している。など

2.環境・安全管理
送り出し教育や新規入場者教育、健康診断を受け、良い体調で作業出来るように健康には留意している。 など

3.品質管理
作業手順書どおりに組立作業を実施して中間検査時や作業終了後に職長に品質と出来形との確認を受けている。
不具合があれば是正を徹底し、必要に応じて是正処置をとれる。 など

4. 材料・器具・工具の管理
器具・工具類の在庫や稼動状況、原材料関連のストック等を確認して、常に良好な状況にするようチェックしている。 など

必要な知識

  • 安全衛生に関する知識
  • 作業管理に関する知識 など

レベル4

能力細目と職務遂行のための基準
1.工程管理
顧客の工程会議に出席し、他職種業者との調整役を任されて、躯体一式の工程管理の一部を顧客に代わって実施できる。など

2.環境・安全管理
危険度の高い作業の場合、陣頭指揮をとって作業の安全確保に全力を注げる。 など

3.品質管理
作業手順書どおりの組立て作業かチェックして、不具合には是正方法を指示し結果を 確認できる。 など

4. 材料・器具・工具の管理
鉄筋材、関連材の在庫状況の確認を作業者に指示して常に適正に 管理している。 など

必要な知識

  • 安全衛生に関する知識
  • 作業管理に関する知識 など

人材育成などに使用される基準

職業能力評価基準は、人材育成や能力開発等の基準として使用されています。
鉄筋工事業のような建設業界に興味のある方は、ぜひ経験者募集の求人を掲載している「俺の夢」までご連絡ください。

俺の夢 for MAGAZINE