MENU

鉄筋工事の能力評価基準について:施工管理職種の共通評価項目「自主管理」

施工管理職種には能力評価基準が設定されています。
能力評価はそのほか能力開発、人事評価、採用活動などに活用されます。

本記事では、施工管理技士も覚えておきたい「自主管理」の能力評価基準について紹介します。

出典:厚生労働省「05_鉄筋工事業/共通能力ユニット(自主管理)

評価の概要

鉄筋工事業は、棒鋼などの鋼材を加工・接合・組み立てる工事のことを指します。
評価の基準概要は以下のように定められています。

レベル1
上司の指示に従い、現場の施工管理活動を実施して正確に報告できる。

レベル2
現場作業が円滑に回るための条件を整備し、施工管理活動を実施できる。

レベル3
鉄筋現場作業が円滑に回るための条件を整備し、施工管理活動を実施するとともに部下を育成できる。

レベル4
顧客に信頼される施工管理活動を実施するために、全社的な施工管理体制を統括し指導できる。

「自主管理」の評価基準レベル1・2



ここではレベル1と2の評価基準をご紹介します。

レベル1

能力細目と職務遂行のための基準

  1. 環境・安全・管理
  2. 作業者の健康診断の実施状況を上司とともに把握している。など

  3. 品質管理
  4. 上司の指導を受けながら、仕様書に相違が無いか事前に確認している。など

  5. 資機材(仮設材)の管理
  6. 鉄筋材を検品、搬入、指定場所に保管し、結果を上司に報告している。など

必要な知識

  • 環境安全に関する知識
  • 品質に関する知識 など

レベル2

能力細目と職務遂行のための基準

  1. 原価管理
  2. 上司の指導の基で効率的な予算組みを学習している。など

  3. 工程管理
  4. 作業工程を基に作業班や材料の効率手配などの手順を作成し上司の指導を受けている。など

  5. 環境・安全・管理
  6. 顧客の安全パトロールに参加し現場の安全状況を確認している。
    また不具合がある場合は上司の指示により不具合箇所を指摘し職長に改善を要請している。など

  7. 品質管理
  8. 注文書の元請下請役割分担の遂行内容を理解し、その範囲内で品質が維持されているか確認できる。など

  9. 資機材(仮設材)の管理
  10. 作業工程に基づき作業に支障のない足場であるか現場から報告を受けており、使用する足場の不具合等が報告された場合は顧客に相談し対応を要請している

必要な知識

  • 環境安全に関する知識
  • 品質に関する知識 など

「自主管理」の評価基準レベル3・4



ここではレベル3とレベル4の評価基準についてご紹介します。

レベル3

能力細目と職務遂行のための基準

  1. 原価管理
  2. 利益を考慮し経験や情報を基に適切な予算を組める。など

  3. 工程管理
  4. 顧客が要求する工程で日程をシミュレーションし、要求に応じた工法および作業工程を計画している。など

  5. 環境・安全・管理
  6. 顧客の安全パトロールに参加し、現場の安全状況を確認する。
    不具合があれば安全日誌等から傾向を読取り、社内会議で報告し全社的な改善提案ができる。など

  7. 品質管理
  8. 注文書の元請下請役割分担の遂行内容が適正かどうかをチェックし、職長から契約以外の追加作業があった場合は、顧客との協議を行い解決を図れる。など

  9. 資機材(仮設材)の管理
  10. 共有仮設で不具合がある場合は顧客と協議し改善を要請できる。など

必要な知識

  • 環境安全に関する知識
  • 品質に関する知識 など

レベル4

能力細目と職務遂行のための基準

  1. 原価管理
  2. 部下が作成した実行予算の適正性を目標利益、社内標準化情報を自分の経験や情報を基に確認し、より効率的で実際的な予算書にするべく指導できる。など

  3. 工程管理
  4. 各現場の活動状況について定期報告を確認し、解決のための指導を行っている。など

  5. 環境・安全・管理
  6. 安全協議会に参加し、顧客が目指している安全内容と自社が徹底すべき安全活動をすり合せ、全社的な啓蒙活動を統括的に推進できる。など

  7. 品質管理
  8. 各現場が作業手順書どおりの作業進捗か管理しており、作業手順書どおりに回らない現場や図面との差異がある場合は職長とともに顧客と協議をして解決を図れる。など

  9. 資機材(仮設材)の管理
  10. 現場打ち合わせ時、作業が最良の状態で行えるよう確認できる。など

必要な知識

  • 環境安全に関する知識
  • 品質に関する知識 など

さまざまな業種で活用されている

職業能力評価基準は、幅広い業種で活用されています。
鉄筋工事など、建設業界に興味のある方は、経験者募集の求人を掲載している「俺の夢」までぜひお応募ください。

俺の夢 for MAGAZINE