MENU

鉄筋工事の能力評価基準について:施工管理職種の共通評価項目「鉄筋施工計画及び打合せ」

施工管理職種には人材育成などに使われる能力評価基準が設定されています。
能力評価はそのほか能力開発、人事評価、採用活動などに活用されるものです。

本記事では、施工管理技士も知っておきたい「鉄筋施工計画及び打合せ」の能力評価基準について紹介します。

出典:厚生労働省「05_鉄筋工事業/共通能力ユニット(鉄筋施工計画及び打合せ)

評価の概要

鉄筋工事業は、鋼材を加工・接合・組み立てる工事のことを指します。
評価の基準概要は以下の様に定められています。

レベル1
上司から指示された施工提出書類などを正確に作成できる。

レベル2
鉄筋施工計画を作成し、上司の同席の基、作業上の基本的事項等の打合せなどを実施できる。

レベル3
施工計画書類を作成し、打合せなどを実施できる。
また部下に鉄筋施工計画書類の作成指導を行える。

レベル4
作成された施工計画書類を最終確認し、現場指導できる。
経営幹部として社内外との調整を実施し統括できる。

「鉄筋施工計画及び打合せ」の評価基準レベル1・2



ここではレベル1と2の評価基準をご紹介します。

レベル1

能力細目と職務遂行のための基準

  1. 鉄筋施工計画の作成
  2. 施工の検討を行うために、顧客から遅滞なく必要な資料を入手している。など

  3. 顧客との調整
  4. 顧客との協議・打合せなどをすべて記録として保管し、上司に報告している。など

必要な知識

  • 鉄筋施工計画に関する知識
  • 文書、資料作成に関する知識

レベル2

能力細目と職務遂行のための基準

  1. 鉄筋施工計画の作成
  2. 自らの経験や社内情報に基づき施工要領書を作成して、上司のチェックを受けている。など

  3. 顧客との調整
  4. 上司に同行し、施工計画書類を顧客に提示、説明している。など

  5. 作業班との調整
  6. 顧客が作成した仮設計画に基づいて、自社作業に関連する仮設項目を職長の確認を受けて、作業のための事前準備事項や不足事項を確認できる。
    また指摘事項があれば上司に報告できる。など

必要な知識

  • 鉄筋施工計画に関する知識
  • 文書、資料作成に関する知識 など

「鉄筋施工計画及び打合せ」の評価基準レベル3・4



ここではレベル3とレベル4の評価基準についてご紹介します。

レベル3

能力細目と職務遂行のための基準

  1. 鉄筋施工計画の作成
  2. 部下の作成した材料の手配、運搬、保管、作業員の配置計画などについて、他工事業者も納得するように施工実績や社内ノウハウに基づいて作成指導できる。など

  3. 顧客との調整
  4. 顧客との打合せに部下を同行させ、信頼性を高める誠意ある対応をすることを学ばせている。など

  5. 作業班との調整
  6. 顧客が作成した仮設計画から自社作業に関連する仮設項目を抽出し、職長、作業班と確認するように部下に指示している。など

必要な知識

  • 鉄筋施工計画に関する知識
  • 文書、資料作成に関する知識 など

レベル4

能力細目と職務遂行のための基準

  1. 鉄筋施工計画の作成
  2. 部下の作成した施工計画書類を、施工実績や社内ノウハウを基に現場作業効率向上策を踏まえて指示・指導している。など

  3. 顧客との調整
  4. 部下が顧客と打合せした記録に目を通し、顧客満足優先で対応を考えているかどうかを確認する。など

  5. 作業班との調整
  6. 各種データから各現場の工程確認を行っており、全社的な視点からの調達を実施している。など

必要な知識

  • 鉄筋施工計画に関する知識
  • 文書、資料作成に関する知識 など

人材育成などの場面で利用される

鉄筋工事業などの職業能力評価基準は、人材育成や採用などの場面で基準として活用されます。
鉄筋工事など、建設業界に興味のある方は、経験者募集の求人を掲載している「俺の夢」までご相談ください。

俺の夢 for MAGAZINE