MENU

捨てコンクリートとは?概要や目的について紹介!

捨てコンクリートとは、地下の土を掘り終え、地盤を固めた後に打つコンクリートのことを指します。
建物の基礎などではなく、建物を建てる際の基準線や、足場を作りやすくするためなどに作られます。
本記事では、施工管理技術者なども知っておきたい、捨てコンクリートの概要や目的を紹介します。

捨てコンクリートとは

捨てコンクリートとは、土を掘り終えた後に地盤を固めた後に打たれるコンクリートのことです。
建物の基準線や、地面をならすため、足場を作るためなどに打たれます。
建物の基礎となる部分ではないので、強度には直接関係ありません。
しかし工事の際に作業を行う上で、とても重要な役割を持っているとされます。

鉄筋を入れないコンクリート

通常、基礎部分となるコンクリートには鉄筋が入れられます。
これは強度が必要なためです。
しかし捨てコンクリート部分は強度が必要ないため、鉄筋は通常は入れないのが特徴です。

捨てコンクリートの目的

捨てコンクリートの目的は大きく分けて3つあるとされています。

建物の高さの基準

建物の品質に影響を及ぼすのが、高さの基準です。
たとえば捨てコンクリートが高いと、スラブの納まりが厳しくなる可能性があります。
これは地中梁の天端と、かぶり厚さを確保しにくいためです。
低ければ対処しやすいですが、高い場合は取り返しがつかない場合もあります。
そのため基準高さを確保することはとても重要とされています。

墨出しの下地

墨出しとは、敷地のどの位置に、どんな形状で基礎コンクリートを打つのかを示す線を引く作業のことです。
更地の状態からより、捨てコンクリートが合った方が目印になります。
また作業性向上も挙げられます。
捨てコンクリートがあることで、作業場が平滑化します。
スペーサーなどが配置しやすく、作業性向上が期待できるでしょう。

型枠や配筋が乗るための下地

「捨て」コンクリートだからといって、作業が終わったら廃棄するわけではありません。
捨てコンクリートの上に防湿シートなどを張り、その上に型枠や配筋などを乗せることもあります。
ただしこの防湿シートは必須ではないとされています。
ベタ基礎にする場合は、そこの文は12センチ以上あれば床下防湿は十分とされているためです。

作業効率の向上などのために打たれるコンクリート

捨てコンクリートは、建物の高さの基準となったり、墨出し作業の効率化等のために打たれたりするコンクリートです。
建物の強度に直接関係しないため、「捨てコンクリート」と呼ばれています。
建築作業など、建設業の転職に興味のある方は、ぜひ経験者募集の求人を多数掲載している「俺の夢」までご相談ください。

俺の夢 for MAGAZINE