MENU

女性の現場監督は特に気を付けたい!手荒れの原因と対策のまとめ

寒い時期になると空気が乾燥しがちになるため、肌を乾燥から守るために様々な保湿対策を始めます。
顔は日頃から手入れをしたり化粧をしたりすることでよくケアされますが、手のケアはつい後回しになったり忘れたりしてしまいます。
今回は手荒れが重症化する前に、手荒れの原因と手荒れ対策についてご紹介します。

手荒れの原因はなに?

手荒れを起こす原因として、まず乾燥による肌のバリア機能の低下が挙げられます。
手肌の乾燥の原因は、時期的な原因以外では普段の生活に起因することがあります。
特に炊事や皿洗い、洗濯など家事で手を使う機会が多い場合には、どうしても寝る直前まで手を使わなくてはならず、手荒れを進行させます。
普段の生活に起因する原因は、以下のものが挙げられます。

  • 水を使った作業をする機会が多い
  • 紙類や布類を扱うことが多い
  • 石けんや消毒液による頻繁な手洗い
  • 洗剤や石けんが肌に合わない

年間を通して屋外で仕事を行う機会の多い現場監督の場合、職業的な要因も加わりさらに手を酷使してしまいがちです。
もともと手の甲は皮脂が少ないため、現場での刺激で荒れやすくなるのは仕方のないことです。
重症化するとひび割れ、あかぎれの原因になり、痛みを感じることもあります。

手荒れの対策とおすすめのクリーム

手荒れを防ぐための基本は、まず水仕事をした後や手を洗った後にきちんと水分を拭き取ることです。
その後、本来であればすぐハンドクリームを塗って保湿するのがいいでしょう。

しかし、勤務中だとハンドクリームを塗りづらかったり、作業しにくかったりする場合もあるでしょう。
その時はとりあえず保湿ローションやオイルを少量、指先になじませるのもよいでしょう。
洗面所に行く時に小さめのサイズのものを携行すると、保湿を忘れずに済みます。

ハンドクリームはメーカーごとに多種多様な商品があるため、どの商品がいいのか迷うことがあります。
肌に有効な成分としては、手荒れの修復に効果的な尿素、また栄養成分であるビタミンC・E、保湿効果の高いシアバターやオイル系、ヒアルロン酸などが多いようです。
添加物など成分表示も確認して、自分の手の状態に合うものを選びましょう。
テスターが置いてある店舗も多いので、買う前にいくつか試すと感触もわかりやすいです。

美しい手は早めの対策から

手入れの行き届いた手とそうでない手は、年を重ねてから差が出てくるので早めの対策が大切です。
手荒れをしても日常生活では手を使わないわけにはいかないので、日頃から保湿を心がけてしっかり手を守っていきましょう。

建設業界で転職先をお探しの方はこちら