MENU

【現場監督の悩み】冬に良く起きるしもやけ<概要編>

冬といえば、しもやけになってつらいという方も多いのではないでしょうか。
特に外の現場で作業を行う方にとってはつらいものです。
毎年対策をしても、どうしてしもやけになってしまうのでしょうか。
しもやけになる原因などについてご紹介します。

しもやけとは

しもやけとは、寒さなどで血行不良となることで生じる炎症です。
別名を「凍瘡」といい、手足や足先、耳、鼻など体の末端部や露出している場所、細い血管が集まる場所などに良く起こります。
女性や子供がよりなりやすいとされています。
しもやけになると、じんじんする、むずがゆい、皮膚が赤く腫れるなどの症状が現れます。
ひどくなると出血や水疱などが見られる場合もあります。
しもやけは主に2つのタイプに分かれます。
子供に良く見られる「樽柿型(たるがきがた)」と大人に良く見られる「多形紅斑型(たけいこうはんがた)」です。
樽柿型は手足が真っ赤になって腫れ、多形紅斑型は赤い発疹やしこりができることもあります。
しもやけは初期であれば市販薬でケアすることが可能です。

しもやけの原因

しもやけの原因は1日の気温差にあるとされています。
人間の体には体温を調整する働きがあり、寒い時には皮膚表面の温度を低くし、体内の熱を外に逃がさないようにします。
そして熱くなると、血管を広げて皮膚の表面温度を上げるなどして熱を放出します。
これを何度も繰り返すことで、血液の循環に障害が出てしまうのです。
特に末端の血管などはコントロールがしにくいため、しもやけになりやすいといわれています。
気温が5度前後の時や、1日の気温差が大きい時になりやすいとされます。
そのため真冬だけでなく春先にも、しもやけの対策が必要です。
現代では暖房のきいた室内と外を出入りすることで影響を受けやすいといわれています。
また温める用として装着した手袋や靴下などにも要注意です。
蒸れて汗をかくと湿度が高くなり、それを放っておくと皮膚表面の温度が下がりしもやけができやすくなります。
そのため汗をかきやすい仕事の場合は注意が必要です。
濡れた場合はすばやく拭き取りましょう。
また靴も濡れた場合は乾かしておきます。

冬は早めの対策が肝心

しもやけの原因は1日の温度差と皮膚表面の温度にあります。
1日の内に何度も気温差の大きな場所に出入りすると、しもやけになりやすくなります。
また汗をかいて蒸れた手足にも要注意です。
作業で汗をかいたり、濡れたりした場合は手袋や靴下をこまめに取り替ええましょう。
変えられない場合は早めに汗を拭き取ります。
普段から気をつけることがしもやけ対策となるのです。