MENU

【車酔いに弱い現場監督必見】車酔いに効くツボと効果

工事現場に車は欠かせません。
重機で直接作業しない現場監督も、毎日のように車に乗って移動しているのではないでしょうか?
そういったときに困るのが車酔いです。
長距離移動、短距離の頻繁な移動、悪路の移動等、多くの移動が車酔いに弱い現場監督を悩ませます。
そういったときは、身体の各所にある「ツボ」を押してみてはいかがでしょうか?
車酔いに効くツボをいくつかご紹介するので、ぜひお試しください。

上半身のツボ

まずは上半身のツボのご紹介です。
押しやすく見つけやすいツボをピックアップするので、気分が悪くなったらすぐに押したり、マッサージしてみたりしてください。

翳風(えいふう)

耳たぶの裏にある、骨の凹んだ部分です。
ここを押すと内耳の平衡感覚に良い影響があるとされ、車酔いが軽減されると言われています。
見つけやすさと押しやすさはピカイチのツボです。

内関(ないかん)

手のひらを自分に向けて、腕の中心を通る線を確認してください。
腕の中心線のうち、手首のシワから指3本分だけ肘の方に「内関」と言うツボがあります。
このツボは吐き気や胃の不快感に効果があるとされています。
二日酔いにも効くそうなので、お酒を飲んだ次の日に押すのもいいでしょう。

外関(がいかん)

手の甲を自分に向けて、手首から指3本分肘の方の、腕の中心線沿いにあります。
内関の反対側にあるので、内関と同時に探し、押すことができます。
車酔い以外に、疲労回復や頭痛改善にも効果があるツボです。

下半身のツボ

下半身のツボは押しづらいかもしれませんが、現場監督は歩くことが多いので足が疲れていることが多いので、下半身のツボを押して得られる効果は高いです。
特に足のツボを押して、疲労回復と乗り物酔い改善を促しましょう。

築賓(ちくひん)

足の内側のくるぶしの、指5本分真上にあるツボです。
乗り物酔いに特に効果が高いツボの1つです。
下半身の中では押しやすいところにあるツボであり、服の上から押してもある程度の効果を得られます。

侠谿(きょうけい)

足の薬指と小指の付け根の、やや薬指側の凹んだところにあります。
乗り物酔いに対して効果が高く、めまい・頭痛・耳鳴りにも効くという万能なツボです。
押すときに靴を脱がなければならないのが難点ですが、休憩時間などに押してみてください。

ツボ押しで車酔いを撃退!

ツボ押しは一時的な対策かもしれませんが、ちゃんと押せば車酔いに対して一定の効果があります。
車酔いに意外に効果があるツボも多いので、こまめに押してみると健康に良い効果が得られるでしょう。
一緒に仕事をする仲間にツボのことを教えればコミュニケーションにもなるので、ツボの知識は意外に有用です。