MENU

【自分を支えてくれるあなたに】現場監督が冬にプロポーズ<準備編>

現場監督の仕事をしている人の中には、現在交際している彼女と結婚を考えている人もいるでしょう。
現場監督はとても忙しいため、なかなか二人きりで会える機会は取れないかもしれません。
それでも自分を支えてくれている彼女と結婚したいなら、プロポーズの際にしっかりと準備しておきましょう。
ここでは現場監督が冬にプロポーズをするときの準備について説明していきます。

プロポーズ前に済ませておくべきこと

お互いの両親に紹介しておく

結婚は本人同士だけの問題ではなく家と家との結びつきでもあります。
そのため、プロポーズをする前の段階で自分の両親に交際している彼女がいて、結婚を考えていることをきちんと伝えておきましょう。
できれば、彼女を実家に連れてきて、両親に紹介しておくのが望ましいです。
正式な顔合わせはプロポーズ後に行うのが一般的ですが、簡単に紹介しておくことでお互いに安心できます。
同じように彼女の両親にも、自分を紹介してもらっておきましょう。

心の準備をしておく

結婚をすると、ライフスタイルが大きく変わります。
これまでの生活と比べて自由が減り責任が大きくなるでしょう。
当たり前のことのように思えますが、結婚という大きな決断をする上で、気持ちの面で改めて覚悟しておく必要があります。

プロポーズのプランを考えよう

プロポーズをしようと決意したら、日時と場所を決めましょう。
そして、どのような演出をするのか考えます。
冬にプロポーズをするのであれば、やはりクリスマスイブの日を選ぶのがいいでしょう。
ロマンチックな雰囲気を演出しやすいです。
プロポーズをする日時と場所が決まったら、できるだけ早い段階で予約を入れておきましょう。
特にクリスマスイブの日はプロポーズをする日として人気が高いため、遅くなると予約を取れなくなってしまいます。
婚約指輪は、ドラマなどではプロポーズのときに渡しますが、後日彼女と一緒に選んでも問題ありません。
後日一緒に選ぶ場合には、婚約指輪とは別に花束などのプレゼントを用意しておくといいでしょう。
また、既製品の場合には1、2週間程度、オーダーで作る場合に長くて3ヶ月程度かかります。
プロポーズ時に手渡すのであれば、間に合うように用意しておきましょう。

一生の思い出になるのでしっかり準備して臨もう

プロポーズはお互いにとって一生の思い出になる大切なイベントです。
仕事が忙しくても、しっかりと準備をした上で臨みましょう。
特に冬場はプロポーズをするカップルが多いため、レストランの予約は早めに済ませておくと安心です。