MENU

【あれ老眼?】中年現場監督が老眼になったか自分でチェックする方法

現場監督の仕事は現場での仕事と併せて書類を見たり、パソコンの画面を見たりする機会も多いです。
40歳以上の現場監督なら、書類を見る際に手元が見えづらいと感じることもあるでしょう。
そんなときは老眼になっているのかもしれません。
老眼になっているのに無理をして老眼鏡を使わずに手元を見ると目が疲れてしまいます。
ここでは老眼かどうか簡単にチェックできる方法を紹介していくので、ぜひ試してみましょう。

ピントが合う距離を調べてみよう

老眼かどうか調べるには、人差し指の指紋がはっきりと見える距離を測ってみる方法が分かりやすいです。
目の前に人差し指を立てて、指紋を見てみましょう。
目から14センチくらいの距離で無理なく指紋が見えれば、まだ老眼になっている可能性は低いです。
14センチの距離で指紋がはっきりと見えなければ、少しずつ遠ざけていきます。
30センチの距離までで指紋がはっきり見えるようであれば、まだ大丈夫です。
しかし、30センチよりも離さないと指紋がはっきり見えなければ老眼を疑いましょう。
個人差はありますが、40歳から45歳くらいまでの年齢なら、30センチまでの距離ではっきりと見える人が多いです。
46歳から50歳くらいだと、30センチよりも離さないとはっきり見えない人が増えてきます。
50歳を過ぎると40センチ以上離さないと見えない人が多く、60歳を過ぎると80センチでも見えにくく感じてくる人が多いです。

老眼鏡を使った方がいいのか

中年以降で老眼になるのは、ごく普通のことで恥ずかしいことではありません。
老眼になっているのに、無理をして手元を見る機会が多いと眼精疲労の原因になってしまうことがあります。
見えづらいと感じたら、老眼鏡を使うなどの対策が必要です。
机の上に置いてある書類などを見るのであれば、70センチ程度離して見えるくらいなら問題ありません。
しかし、パソコンなどを使う場合には50センチくらいまでの距離が見えにくいと厳しいでしょう。
現場で手に持った書類を見る機会が多ければ、40センチくらいの距離でピントが合わないと目の疲れを感じるはずです。
スマホやタブレットを操作する場合には、30センチくらいピントが合う方がいいでしょう。
そのため、ピントが合う距離が30センチを超えたら、老眼鏡の使用をおすすめします。

老眼鏡を買ってみよう

老眼になっても集中して目を凝らすことで、とりあえずは手元が見える人が多いです。
しかし、そのようにして手元を見る機会が多いと、疲れやすくなってしまいます。
手元が見づらいと感じたら、ためらわず老眼鏡を使用するのが望ましいです。
老眼には個人差があるため、30代後半くらいでも老眼になる人はいます。
老眼の疑いがあるようなら、老眼鏡を購入して持ち歩くようにしましょう。