MENU

【中高年になったら気をつけたい】冬に多い命に関わる病気<食中毒編>

食中毒が一番多い季節は、冬というのをご存知ですか。
食材が痛みやすい夏かと思いきや、冬こそ食中毒に注意が必要なんです。
冬の食中毒の種類や対策についてまとめてご紹介します。

食中毒は冬に注意!

食中毒とは、食事が原因で消化を司る器官に以上が起こる病気です。
細菌やウイルスなど、地球上のあらゆるものが原因になります。
食中毒にかかると、下痢や嘔吐などの症状が起こり、これによって引き起こされる脱水症状でさらなる重篤な事態に発展することもあります。

冬の食中毒は「ノロウィルス」に注意

食中毒の原因はさまざまですが、大きく分けるとウイルスによるものと細菌によるものに分かれます。
梅雨のジメジメした時期や、夏の暑い時期には、高温多湿を好んで増殖する細菌による食中毒が流行しますが、冬の寒い時期には、ウイルス性の食中毒が流行します。
その筆頭に挙げられるのが皆さんご存知「ノロウィルス」。
ノロウィルスは感染力が非常に強いため、毎年冬に大流行を引き起こします。
なんと、年間の食中毒患者のうち、その半分がノロウィルス感染者という統計もあり、特に注意が必要です。

食中毒を防ぐには

食中毒を防ぐには、食品の中に含まれるウイルスや細菌を死滅させる必要があります。
基本的にしっかりと加熱調理することで、細菌もウイルスも死滅させることができるので、火をしっかり通したものを食べるのが大切です。
長期休みでは生活のリズムが崩れがち。
それによって免疫力が下がった状態になると食中毒にかかりやすくなるので注意が必要です。

食中毒にかからないために現場でできること

手洗い・うがいの徹底

食中毒を引き起こすウイルスや細菌は、手を介して口に入ることもあるため、手をよく洗うのは、食中毒の予防にとても効果的です。
風邪の予防のためにも、手洗い・うがいを徹底しましょう。

飲み物などの回し飲みをやめる

ノロウィルスに感染している人の使った食器などにもウイルスは付着していると言われています。
そのため、缶コーヒーやペットボトル飲料の回し飲みなども避ける必要があります。

便座の蓋を閉める

ノロウィルスなどのウイルスは、感染者の排出物に大量に含まれています。
そのため、流す際に便座の蓋を開けっ放しにしていると、空中にウイルスが飛散することも。
便器の蓋を閉めてから水を流すよう徹底するほか、トイレの換気もしっかり行うようにしましょう。

冬の食中毒に負けない現場を

食中毒は、地球上のあらゆるものが原因で起こります。
細菌やウイルスは目に見えないだけで、わたしたちの周りに沢山存在しているのです。
今回ご紹介した予防法を実践しながら、病気にかかりにくい健康な体の維持も心がけたいものです。