MENU

【中高年になったら気を付けたい】冬に多い命に関わる病気<心筋梗塞編>

冬に多い病気としてまず挙げられるのが心筋梗塞です。
消防庁のウツタイン統計によると10月から4月頃にかけて、心筋梗塞の発生が多いとされています。
心筋梗塞とはどんな病気なのでしょうか。
心筋梗塞の概要や対策などをご紹介します。

冬に多い心筋梗塞

心筋梗塞は心臓の血管が閉塞することで引き起こされます。
急激に心臓の機能が低下するため、突然死を引き起こす可能性のある病気です。
また不整脈と合併することで死亡率があがります。
冬に心筋梗塞が多く起こる原因としては寒暖差が挙げられます。
暖かい部屋から寒い部屋に行くと、血圧が急激に変化します。
そのストレスが心臓の負荷となり、心筋梗塞を引き起こしやすくなるといわれています。
これはヒートショックと呼ばれ、お風呂上りなどにも注意が必要です。
さらに寒さ自体も原因の一つです。
寒いと心臓の血管が収縮しやすく血流不全に陥りやすいとされています。
そのため特に寒い時期に予防や対策が重要とされているのです。
寒冷地や仮設住宅で暮らしている方は特に要注意といわれています。

心筋梗塞の予防方法

心筋梗塞を予防するためにはまず寒暖差に気を付けましょう。
冬の寒い時期に外に出る際には、防寒着やマフラー、手袋などを付けて暖かくして出掛けます。
また朝起きた際にはコップ一杯の水を飲みましょう。
これは睡眠時には汗をかくため、血液が濃縮しているからです。
さらに冬季は夏に比べて水分補給を意識しなくなるので、気が付いたら水分を摂りましょう。
水分補給は入浴前後にも行います。
ただし入浴前にはアルコールは飲まないように気を付けます。
お風呂の温度が高いと血圧が高くなってしまうため、38~40度ほどの低めに設定しましょう。
ただ湯船と浴室、脱衣室の温度差があるとヒートショックを起こしやすくなりますので、暖かくしておきましょう。
特に高齢者や心臓病の方が入浴する場合は注意が必要です。
またタバコも体にとって良くないと考えられますので、できるだけ禁煙しましょう。

寒暖差が起きないように気を付ける

冬は外と室内と温度差が大きく、血圧が急激に変動しやすいといわれています。
国立循環器研究センターが4年間の消防庁の統計を調べたところ、10月から4月頃の寒い時期にかけて心筋梗塞が多いという結果が出ています。
寒い時期に外に出る際はしっかり着こみ寒さを調節しましょう。
また入浴前後は心筋梗塞が起きやすいタイミングです。
浴室と脱衣室を暖かくしておき、お湯の温度と差がないようにしておくことが大切です。
普段から寒暖差を意識して、心筋梗塞を予防していきましょう。