MENU

建設業がつらい・激務であるって本当?激務といわれる原因と現実のホワイトな働き方

建設業といえば、激務、辛い、危ない、汚れそうなどあまり良くないイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。
俗に「きつい・汚い・危険」の3Kの業種と呼ばれていたこともありました。
しかし実際はそのイメージとは違い、環境整備が進んだ働きやすい職場です。
建設業はどんな環境で働けるのかをご紹介します。

建設業はなぜ激務で辛いといわれるのか?

建設業のイメージといえば「激務」です。
休みがなさそうで、体力がないと務まらないと思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし現在は働き方改革がなされ、職場の環境整備が行われています。
そのため他の業種に比べて特別労働時間が長いわけではありません。
年末年始やGWなどの長期間休暇を設定している企業も多くあります。
またIT化が急速に進んでおり、仕事内容が効率化されるようになりました。
ドローンを導入し、現場の状況把握がすばやく簡単にできることから、顧客へ説明しやすくなるなど急速に進化しています。
また機械を導入することで、作業員自身が汚れることも少なくなりました。
現場の性質上どうしても汚れることは避けられませんが、昔のように泥だらけになるということは少ないです。
また現場事務所にはエアコン、冷蔵庫などを完備していることも多く、環境整備が進んでいます。
そして建設業には「危険」というイメージもあります。
機械が動く現場では危険もありますが、安全確認を行っていれば事故を防ぐことができます。

給与・休暇・希望の新3K

国土交通省は「きつい・汚い・危険」という従来の建設業のイメージを、「給与・休暇・希望」に変化しようとさまざまな取り組みを行っています。
この新3Kを導入する目的は、適切な賃金水準の向上、作業員の生産性向上、経営環境の改善などが挙げられます。
これらの取り組みを行う背景には、若年層の建設業就業者が減っているという事実があります。
やはり従来の激務や辛いというイメージから、建設業に入る人間が少なくなっているからでしょう。
これらを解決するために、建設業界は変わっています。
従来のイメージとは違い、賃金は向上し、働きやすい環境が整備されつつあります。
完全週休2日制を導入したり、賃金水準が上がったり、他業種と比べても遜色のない働きやすい職場だといえるでしょう。

変わりつつある建設業界

新3Kを目標に掲げた建設業界は変わりつつあります。
将来の建設業を担う若手を育てるべく、働きやすい環境づくりが行われています。
働きやすく、やりがいもある建設業はこれからも社会で重要なポジションを担っていくことでしょう。