MENU

施工管理者必見!建設現場の最新技術:溶接ロボット

施工管理者としては、建設現場で役に立つ最新技術に関する知識も身につけておきたいところです。
この記事では溶接ロボットについて、概要と導入によるメリットを紹介します。

建設現場で活躍する溶接ロボットとは


溶接作業は手作業で行うアーク溶接、半自動アーク溶接、サブマージアーク溶接と時代が経つにつれ進化してきました。
サブマージアーク溶接では手溶接に比べ格段に効率化を図ることができましたが、溶接面の形状や溶接を行う時の姿勢についての条件がいくつか存在しました。
そして現代では溶接ロボットを使用することによって、その条件をクリアすることが可能になりつつあるのです。

手作業での溶接と違って、ロボットを使って溶接作業を行うためにはロボットに作業を覚えさせる「ティーチング」という作業が必要です。
ティーチングには、CADデータなどを使用してロボットの動きをシミュレートする方法や直接プログラミングすることでロボットを動かす方法があります。
さらに近年では、熟練技術者の作業を直接ロボットに真似させることにより作業を覚えさせることも可能となってきています。

こうして高度な溶接が可能になったロボットは、従来の制限をクリアしてより効率の良い溶接作業を実現します。
また溶接の現場では、既にロボット技術の実用事例も多く存在します。

建設現場に溶接ロボットを導入するメリット


溶接ロボットが建設現場に与えるメリットは、主に次の2点です。

・作業者の技量によらず均一なものを作成することが可能
溶接ロボットは、ティーチングを正しく行えば同じ作業を何度も行うことができます。
近年ではAIによって細かい調整をロボット自身で行い、その都度発生する細かいティーチングの手間を省くこともできるようになってきています。
そのため、建設現場において熟練作業者が必ずしも必要ではなくなり、より重要な仕事に絞って任せることができるようになります。

・スパッタやヒュームの発生が少ない。
溶接ロボットは電流を細かく制御することによってスパッタの発生を抑えることができます。
またヒュームを集塵する機能もついているため、ヒュームが大量発生することもありません。

溶接ロボットでコストを削り属人化の解消が可能

溶接作業は鉄骨を使用した建造物を建てる際には欠かせない工程です。
この工程に溶接ロボットを使用することができれば、これまでよりもコストを減らせる上に、熟練の技術者に依存することもなくなります。
このような建設業界にとって有用な最新技術を学び、今後の施工管理業務に活かしていきましょう。

建設業界で転職先をお探しの方はこちら