MENU

【ブランド物はNG】新人が名刺交換の時に好印象を持たれる名刺入れとは

新人現場監督の必需品と言えば「名刺入れ」。
社会人になったことを実感するアイテムでもあり、慎重に選びたいですよね。
でも、気合を入れすぎて、ブランドモノを選んでしまうと、上司や周りの人から白い目で見られてしまうかもしれません。
今回は、新人現場監督におすすめの名刺入れの種類や色をご紹介します。

新人が名刺入れ選びで気を付けたいこと

ブランドモノはNG

業界を問わず、新人や新入社員はあらゆるところから見られています。
仕事をまだ覚えていないにもかかわらず、ブランドモノの名刺入れを持っていると、「名刺入れだけは一丁前だな・・・」なんて厳しい視線を浴びることも。
「自分の気持ちをあげるためにどうしてもブランドモノが欲しい!」というこだわりのあるほうも、ブランドのロゴが目立つようなデザインは避けたほうがいいでしょう。

意外!?アルミケースも避けるべき

ドラマなどで、イケイケの営業マンがパチン!とアルミの名刺入れから名刺を出すシーンを見かけます。
このシーンが魅力的に映るのは、あくまで「仕事ができる」「社長などの偉い人」が、あえてカジュアルなアルミの名刺入れを使っているからかっこいいのです。
アルミケースはカジュアルな印象があるので、新入社員にはおすすめできません。
名刺入れもさまざまな種類がありますが、アルミケースは避けたほうがいいでしょう。

派手なカラーは控えて

ぱっと目をひく明るい青や赤の名刺入れは、ビジネスシーンには相応しくありません。
カラフルな名刺入れを使っていると、「この人は学生気分がまだ抜けてないんだな・・・」という印象を与えてしまいます。

新人現場監督におすすめの名刺入れとは

男性におすすめの名刺入れ

男性におすすめの名刺入れは、やはり皮製のシンプルな名刺入れです。
色は、黒か濃紺など、ビジネスシーンに相応しいカラーを選びます。
本革の名刺入れが理想的ですが値段も張るので、合皮を選んでも大丈夫です。合皮の場合、本革とは反対に使えば使うほど見た目が悪くなるので、見た目がきれいに保たれているか確認しながら使うようにしましょう。

女性におすすめの名刺入れ

男性の中で頑張る新人女性におすすめの名刺入れも、やはり男性と同じで黒い革のものが無難です。
ただ、建設業界には女性が少ないので、華を添える意味でも、ベージュや、きれいだけど落ち着いた色を選んでもいいかもしれません。

個性を出すのは仕事を覚えてから

どの業界でも言えることですが、「小物で個性を出すのは一人前になってから」が鉄則です。
仕事がまだ勉強中なのに、名刺入れだけ個性的なものを選ぶより、仕事で個性を出せるように頑張るのが先です。
一人前になったら、堂々と好きな名刺入れで魅力を発揮してください。