MENU

重機オペレーターのやりがいとは?

建築業界では、重機オペレーターの人材が慢性的に不足しているという現状があります。
そもそも重機オペレーターとはどんな仕事なのか、また建築業界が抱える深刻なオペレーターの人手不足の現状について解説します。

重機オペレーターとは

重機オペレーターとは、建築業界のなかでも専門性が高い職業の一つです。
そもそも重機とは、クレーン車やフォークリフト、ブルドーザーといった工事現場に欠かせない大型の機械のことです。
工事を安全かつ円滑に進めるには、重機の正確な操作が必須となり、優秀な重機オペレーターがいないと工事そのものが成り立たないケースもあります。

重機を正しくコントロールするには、豊富な知識や技能が求められるため、免許の取得が必要です。
専属のオペレーターとして雇用されることもありますが、派遣業務のようにいろんな現場で仕事に従事する場合もあります。
大規模な工事になると長期間同じ現場で作業しますが、短期的な業務も少なくありません。

いろんな現場を転々とする場合は、それぞれの現場監督や仕事内容に柔軟に対応することが求められます。
重機を操作する技能だけでなく、コミュニケーションスキルや臨機応変な技術力も必要といえるでしょう。

重機オペレータのやりがい

重機オペレーターのやりがいとしては、自分が行った工事が多くの人の役に立っていることが、目に見えてわかることです。

ショッピングモールの完成、道路工事など、重機オペレーターが携わる仕事は多く存在します。
また、一つの工事が終わればまた別の工事現場に向かう必要があるので、毎回違う職場で異なる環境のもと重機を扱わなけらばならないということに対して、自尊心を持つケースもあります。

まとめ

現在は重機オペレーターが不足し、需要が高まっていますが、いずれ機械にとってかわる時代がやってこないともいい切れません。将来を見据えたスキル向上が求められます。

建設業界で転職先をお探しの方はこちら