MENU

建設会社の現場監督の人が感じる、現場監督の仕事のやりがい4選!

建設会社の現場監督は、様々な職種の職人たちに指示をしていく仕事なので、求められるスキルや責任は大きなもの。
しかし、その反面完成した時の達成感にやりがいを感じる現場監督は多いです。
ここでは、現場監督が感じる大きなやりがいについて紹介します。

建設会社の現場監督が感じる4つのやりがい

現場監督が感じるやりがいには以下のようなものがあります。

◇建造物の完成など目に見える達成感がある
自分が任された現場を進めていくうえで、必ずと言っていいほど感じる達成感は工事後の完成した現場を見たときです。
工事前の状況を知っているからこそ感じられる達成感で、この達成感はプライベートなどで完成後の現場の前を通る時にも感じられます。
この達成感が、いくつも現場をこなしていくことでさらなるやりがいへと変わっていきます。

◇現場数が増えれば増えるほど得られる経験と知識がある
現場監督は1ヵ所から同時に数ヵ所を見る場合があります。ひとつひとつの現場が完成していくにつれ、その現場で得られる経験値は大きいものとなるでしょう。
その経験を活かして次の現場をさらに効率よく進めるため、経験を積むほど工程表通りのスケジュール管理ができるようになります。
また、自分の家を修繕する際も、多少のことであれば個人で直せることもあり、仕事以外にも経験と知識は活かされます。

◇コミュニケーション能力が向上する
現場監督の仕事は現場を管理するだけでなく、施主や職人たちと打ち合わせをする必要があります。
特に職人とは打ち合わせの回数が多いため、職人たちの意見を理解し、無理のないようなスケジュール管理をすることが大切です。
職人たちから「やりやすい現場」と言ってもらえることは、現場監督にとってやりがいに繋がります。

◇社会に貢献することで得られるやりがいがある
建造物や住宅、道路などは多くの人々が利用します。
現場周辺地区の住民をはじめとして、建造物であれば幅広い人々が利用する場合があります。
社会の貢献に自分が含まれたことへのやりがいは、現場をこなすほど得られるでしょう。

辛いときこそやりがいを感じて乗り越えよう

建設会社の現場監督が行う業務の多くは、体力や知識、責任感を求められます。
工期が延びてしまわないように工事スケジュールを決められた工程で進めなければいけないため、繁忙期は精神的にも辛いと感じやすくなるでしょう。
しかしそのようなときこそ、職人や住民などに少し気を配ることで、現場監督特有の気苦労を軽減させることに繋がります。
そして現場が完成した解放感とともに、達成感ややりがいも生まれてくるでしょう。

まとめ

今回は現場監督のやりがいや、辛いときの乗り越え方などを解説してきました。
現場監督のやりがいは人から得られるものもあれば、目に見えるものもあります。
工程表通りにスケジュール管理することは大切ですが、住民や職人の気持ちを理解し、良い人間関係を築くことで、精神的なストレスを受けたときに乗り越えられることもあります。
現場監督の仕事は仕事と人間関係が最も大事な職業と言えるでしょう。

建設業界で転職先をお探しの方はこちら