MENU

現場監督はやりがいがある

現場監督の仕事は現場の責任者として建築工事を計画通りに円滑に進めることです。
業務は施工計画の作成から現場の工程や安全管理、建築物の品質管理までと多岐にわたります。
現場は朝早くから始まり、現場が終わっても夜遅くまで書類を作成したりとても大変な仕事です。
しかしそれ以上に喜びの多い仕事でもあるのです。

資格や経験を積むことでスキルアップ

建築工事では新築工事、改修工事、解体工事など様々な種類があるので幅広い工事に携わるほど経験が豊富になります。
また、資格を取得することにより自信もつきますし、今まで携わることができなかった業務もできるようになります。
様々な資格を取得するとスキルアップにも繋がります。資格を取得して様々な工事を経験することによって工事の面白さも広がるでしょう。

幅広い人間関係を築ける

建築現場には熟練の職人たちがたくさん働いています。
大きなプロジェクトになると、現場監督は百人単位の職人たちを束ねる必要があります。
このため建築現場での日々はストレスの塊とも言えるでしょう。
特に若いうちは熟練の職人さんの方に知識でも経験でも勝てないのが実情です。
しかし粘り強くコミュニケーションをとっていくうちに職人さんたちとの関係も良くなり、いつしか職人さんや業者さんたちとの強い絆が芽生えてきます。
こうしたネットワークは現場監督の生涯の仕事に大きく役立ちます。
現場監督の仕事は職人さんだけでなく施主や建築現場の近隣住民などとのコミュニケーションも重要であったり、現場から現場へと渡り歩いたりと大変な業務が日々続きます。
経験が長い現場監督や職人さんは今までにたくさんの業者さんと関わってきているので現場に最適な業者さんを紹介してもらうことも人間関係を広げる一つの手です。

大変だけど喜びの多い仕事


現場監督は工事が予定通り完成させるために、さまざまな業務を行う必要があります。
また、現場が終わってからも夜1人でデスクワークをすることも日常的にあります。
しかし、工事が終了した時の施主から感謝されることも現場監督にとってやりがいを感じる瞬間です。
施主をはじめ設計士、職人さんたちと喜びを分かち合うと、大変な日々も良い経験となるのではないでしょうか。
大変な分、それ以上に喜びの多い仕事で自分自身を大きく成長させてくれる仕事なのです。

建設業界で転職先をお探しの方はこちら