MENU

【現場監督を辞めるべき?】全ての仕事に当てはまるうつ病とは【うつ病になった時の対応編】

重症化すると現場監督の仕事を辞めたいと感じることもあるうつ病。
うつ病は未だに誤解されることの多い病気のため、なかなか病院に行きにくいという方もいるのではないでしょうか。
そのため発症してから病院に行くという方も珍しくありません。
今回はうつ病になった時の対応をご紹介します。

うつ病の治療方法とは

うつ病と診断された場合の治療方法には、急用、薬による治療、カウンセリングの3つが挙げられます。
基本的には身体的な疾患と同じような治療を行います。
うつ病と聞くと精神の病のように感じますが、実は脳の病気なのです。
そのため通病の病気と同じような治療過程をたどります。
まず必要なのは休養です。
現場監督の仕事は責任があり、なかなか休めないと思う方も多いでしょう。
しかし脳を休ませることが治療の基本です。
ここで無理をしてしまうと、病気が長引くことになります。
休む日数は病気の進行度によります。
軽症の場合は仕事量を減らす、残業をしないなどで対処します。
重症となると、仕事を休んで自宅療養をする、入院するということもあります。
うつ病の症状によって十分な休養を取れない場合は、薬による治療を行います。
薬というとあまり良いイメージを持たない方も多いですが、脳の機能的不調を改善するためには薬が必要な場合もあります。
薬の種類や量は個人の体質や症状によって異なります。

治療が終わるまでの期間

うつ病の治療が終わるまでの期間ははっきりとは分かりません。
良くなったり悪くなったりと、一進一退を繰り返しながら徐々に改善していきます。
焦らずにゆっくり治療を行うことが大切です。
そのため大事なのが精神療法やカウンセリングです。
この精神療法やカウンセリングは、うつ病の再発予防として行います。
自分の思考パターンや行動パターンを見直し、うつ病が再発・再燃しないようにしていきます。
うつ病の治療には「急性期」、「回復期」、「再発予防期」があります。
急性期には休養、回復期には薬による治療、再発予防期には精神療法が必要とされています。
その期間は人によって違います。
数ヶ月から1年かかる方も多いので、焦らないように治療を受けていきましょう。

自分の判断で治療を辞めないことが大切

うつ病は回復期になると元のように動ける方も多くいます。
しかしここで「治った」と勝手に判断して、病院に通わなくなったり、薬を辞めたりしないようにしましょう。
自己判断で治療を辞めてしまうと、うつ病が再発する危険性があります。
主治医とよく相談し、治療を行っていきましょう。