MENU

部下が年上だったときあなたはどう接しますか?迷っている現場監督のあなたにアドバイス

現場監督という仕事は、年上の部下を持つ可能性が高い仕事です。
年上の部下というのは、何とも接しづらいと感じている人は多いでしょう。
ついコミュニケーションを避けてしまう人もいるかもしれません。
しかし、年上の部下と上手くコミュニケーションを取れなければ仕事に支障が出ることも多いです。
ここでは、年上の部下との上手な接し方をアドバイスしていきます。

上司である以上は指導しなければならない

上司の役割は、部下を指導して部下の持つポテンシャルをできるだけ引き出すことです。
部下が仕事で十分に活躍できるかどうかは上司の指導方法にかかっていると言ってもいいでしょう。
また、部下が間違ったことをしていた場合、それを正さなければなりません。
そのため、部下が年上であっても、仕事上必要な助言などはしっかりと行う必要があります。
もし、年上だから言いにくいという理由で必要な助言を怠ると、現場全体に支障が出てしまう可能性があります。
年上の部下と接するのが苦手だと感じているのであれば、口調に工夫を凝らしてみるのがいいでしょう。
仕事をお願いするときや助言をする場合には、命令形や皮肉な言い方はできるだけ避けて、疑問形や仮定形の口調で言うような具合です。
疑問形や仮定形だと依頼口調になるので、プライドを傷つけてしまうことはありません。
言う側も、あまり抵抗を感じないでしょう。
また、注意しなければならないときには、なるべく他の人が見てない場所に呼ぶのが望ましいです。

経験の面では相手の方が豊富

年上の部下を持つということは、会社から相応に優秀な人材として見られていることを意味します。
しかし、自分よりも年齢が上の人や、長く仕事をしている人と比べた場合に、経験の量では敵いません。
年上の部下に関してもこのことが当てはまります。
そのため、経験豊富であるという点に関しては、年上の部下を尊重すべきでしょう。
尊重した態度で接することで、人間関係も上手くいきやすくなります。
自分には初めてのことでも、上司と似たような事例に携わったことがあるという場面に遭遇することも多いです。
そんなときに、年上の部下と積極的にコミュニケーションを取り、その経験を活用しましょう。
年上の部下も自分の経験や能力を活かすことができて、頼りにされていることを認識できます。
お互いに接しづらいという感覚は、薄まっていくでしょう。

現場監督なら年上の部下と接するのに慣れよう

年上の部下を持つという状況は、どの業種でもありえます。
最近では年功序列制が崩れかけているため、今後ますます増えるでしょう。
特に現場監督の場合には、年上の部下と接するのが苦手だと仕事になりません。
苦手意識を持っている人は、少しずつ慣れていきましょう。