MENU

【あの時にはこうだった】建築現場の上司の自慢話に乗るコツ<趣味編>

休憩中や仕事中のふとした時には、上司が話しかけてくることがあるでしょう。
時には、上司の自慢話とも思える内容のこともあるはずです。
仕事以外の話でも上司との会話が弾めば、上司との関係性も良好となり、仕事も進めやすくなるでしょう。
上司が自慢の趣味について話しかけてきた時には、上司との会話を盛り上げるコツをご紹介します。

なぜ趣味の話をするのか

上司が自ら趣味について話をする時には、上司には自分の趣味について知ってほしいという気持ちはもちろん、自分の趣味は楽しいものだということを伝えたいという気持ちがあるはずです。
楽しいことがあった時や、興奮するようなことがあった時には、誰かとその気持ちを共有したいという思いは、年齢に関係なく子供も大人も心に抱く感情です。
そして、その嬉しい気持ちを伝えたい相手は、自分にとって身近であり、心の距離も近いと感じる人でもあります。
つまり、上司が趣味の話をしてくることがあれば、それは上司があなたを身近な人物と捉え、自分を知ってほしいと思う、好意的な感情の表れだと言えるでしょう。
上司との会話が進む中で、上司の新たな一面を知ることもあるでしょう。
良好なコミュニケーションを築くことは、仕事をするうえでもプラスに働くようになるはずです。

上司と趣味の会話を盛り上げるコツ

上司がどのような趣味をもっているのかは、上司の話を聞くまではわからないこともあります。
筋トレ、読書、ゴルフ、釣りなど考えられる趣味はさまざまありますが、自分の知識として浅く広く見聞を広げておくと、より上司との会話を弾ませることができるでしょう。
どんな話であっても、会話を盛り上げるコツの一つは上手に相槌を打つことです。
話したい内容を気持ちよく話してもらえるように、自分はしっかり話を聞いているというメッセージを伝えるためにも、相槌を打つことは大切です。
自分の知らない分野の内容であれば、積極的に質問をしてみましょう。
自分より知識の少ない人に教えるということに対して、優越感を抱いて人に教えることが好きな人も多いはずです。

まずは話を聞きましょう

上司が趣味の話をしてきたら、上司との関係性を高められるチャンスだと考えましょう。
まずは、上司の話を聞くことが大切です。
相槌を打ち、適度に質問を投げかけ、相手に気持ちよく話をさせることが上司との会話を弾ませるコツです。
話下手な人も、相手に話をしてもらえるようにすれば、会話に沈黙が生まれることもなく、スムーズに会話を進めることができるでしょう。